papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

ファミリー

本日、育成グループの説明会が行われた。今までに、何度も出ているが全カテゴリーの選手と保護者を一同に集めて開催されたのは初めてであった。

トップが替われば、やり方が変わるのは当たり前かもしれないが・・・・・。途中には、サプライズとしてピクシーとトップチームのコーチも登場した。その中で強調されたのは、「ファミリー」という言葉。確かに、Jの下部組織はピラミッド型になっていてファミリーかもしれないが・・・・・・・。やや疑問?

まだ、中学生のためユースの活動といっても、本格的ではないかもしれないが、今日は説明会の前に奥寺スポーツアカデミーとトレーニングマッチを行った。特に圧巻は3本目のゲーム。ボールポセッションもよく完全にボールを支配していた。でも良く見てみると、その中に高3のFWのО選手が入っていた。スピード、テクニック、判断、実にすばらしかった。あれだけのものを持っていても、プロにはなれないのか、きびしい世界がこれから始まるということですね。

まとまりと信頼感

いやいやバーレーンにまさかの敗戦。確かに、遠藤と中村俊輔がいなかったのは大きいが・・・・。

バーレーンは、Wカップ予選でも戦う相手のため、不安が残る。2月のオーストラリア戦が本当に不安でたまらない。

岡田さんのサッカーは、以前にも古いと言ったが・・・・大きな転換が必要ではと思う。新メンバーをたくさんためしてはいるが、もうある程度固定して戦う時期に入っているように感じる。チームとしてのまとまりや信頼感という点で。サッカーでは、技術以上に、メンタルな面が必要。監督と選手との信頼関係が一番のように感じる。

愚息は、推薦で高校も決まり、もう受験から開放された。サッカーに打ち込めるという点は確かにいいが、あまりにも楽をしているので、将来の大学受験時が心配である。(贅沢な悩みかも・・・・・)

3つのB

サッカー選手として必要な3つのB。(ブレイン・ボールテクニック・バランス)

どれか1つでも秀でているとかなりの武器になる。プロになって活躍できる選手は、特に優れていると思われる。

ユースでは、フィジカル的な要素が加わってくるが、やはりこの3つBを大切にしながらがんばってもらいたいものである。

今週は、またもや代表戦がアゥェイであるが、中継が無いというのは厳しいです。

残念・・・・無念・・・・・・・。

初観戦

グラユースとしての初めてのゲームを観戦。相手は、名古屋高校さん。1本目は、高2と高1。2本目は、中3だけ。3本目は混合。それぞれチーム編成が違っていた。1本目は、やはりボールスピードとフィジカルが優っていた。2本目は、ややボールスピードは落ちるが、ポセッションは高かった。3本目は、やや連携が悪く、シュートも今ひとつという感じでした。

今は、ゲームをコーチたちがよく観察して、それぞれの選手の特徴をさぐっている段階だと思われます。いろいろなポジションを経験することによってプレーの幅が広がるということも言えます。これからといったところでしょうか。どんなサッカースタイルになっていくのか楽しみの反面、不安な面もあります。

それにしても、優秀なGKが5人もいるというのは・・・・。出れる数が決まっているだけにたいへんなポジションです。

新メンバー

一夜明けてアウェイのバーレーン戦のメンバーが発表された。

何と、新メンバーとして菅野 孝憲が選ばれた。GKは4人になるが・・・・・。

菅野と言えば、ヴェルディジュニアユース出身。大我コーチの指導を受けた選手。

シュートへの反応がとてもすばらしい印象。また、元グラの本田も選出。

今度は、期待できるメンバーになったように思えますが・・・・・。

B代表?

イエメン戦を見て、これってB代表って思ってしまいました。若い選手にチャンスを与えるということはわかりますが、ワールドカップ予選をひかえてこのメンバーでいいの?と思ってしまいました。代表はやはりそれなりのメンバーで戦うべきです。

特に、今ブレークしそうな選手を使っていますが、経験値が低いと思いますし、仮にも公式戦で使ってくるとは・・・・。

岡田さんのサッカーは古いといつも思ってますが、その発端はやはりフランスWカップの時のサッカーが印象に残っているからでしょうか。

コーチが代われば、戦術も変わります。いたしかたないところですが、このことは練習が始まったわが愚息たちにも言えることですが・・・・・・・・。

代表戦

明日は、久しぶりの代表戦でアジアカップ予選のイエメン戦がある。

岡田さんがどんなメンバーで戦っていくのか興味がある。

代表戦も、本当に何度も観戦に行った思い出がある。

サッカーの観戦のしやすさでは埼玉スタジアムが1番であった。とにかくピッチが近い。その昔ジーコはこのスタジアムを好んで使ったらしい。ただ、トイレが少ないし、やたら階段が多い。

交通の便の良さでは、日産スタジアム。2002ワールドカップロシア戦を観戦した時も便利であった。混雑するという印象は全くない。

しかし、やはり国立競技場の代表戦がいい。あの聖火台に火が灯っての戦いは本当に燃える。いいスタジアムです。

今回は、熊本・・・・・遠いしなぜ?

ジジぐらん 始動

今日、U18としての最初のミーティングがあったようである。

監督の小川監督・佐賀コーチ・石川GKコーチとの初対面となったわけであるが・・。

小川監督とは、3年ぶりの再会ということになる。愚息たちが、ジュニア時代の6年生の時に1年間コーチとして指導してもらった。全日本少年大会確実と言われていたが、愛知FCにPK戦で敗戦。しかし、フジパンではその悔しさをバネに東海大会優勝という結果を残した。その時のメンバーもジュニアユースに上がる時は、昇格が厳しかった。

その後、大我コーチのもと、中学3年間、すばらしい成果を上げることができた。あれから、あっと言う間の3年間であった。ユースは、ジュニアユースと違って、学年ごとのチームは無い。AチームとBチームの二つであるが、プロになるための本当の意味での試練の場であると思う。大我コーチから教わったサッカーのノウハウをどうかこの3年間で高めていってくれることを願っている。また、サッカーだけでなく、人間的にも成長をしてもらいたいと思っている。

また、パパぐらんとしての活動も始動しますが、もう「ジジぐらん」に改称かも・・・・・・。

横断幕 完成

今日の祭日を利用して、グラU15で作成し、クラブユースで全国制覇を見守った横断幕の裏に、納会で作成した選手とコーチの記念のサインを書いた白布を縫いつけました。

この横断幕は、下の代に渡して、公式戦で使ってもらえたら・・・・と考えています。

コーチも選手もそれぞれの進む道は違いますが、サッカーという同じ競技を通してまた、いつの日か対戦できることが楽しみにしています。

Dsc01139

平山を越えるか

高校サッカーをテレビで観戦。鹿児島城西と広島皆実が決勝戦に進んだ。城西の大迫選手は本当に見ていて何かをしてくれそうな選手である。シュートへ持っていくスピードや身体の使い方がとてもいいし、瞬間的な判断力が優れている。

昔、国見の平山も同じように注目された。しかし、代表戦であまりにも酷使されたために、調子を落としていってしまった。高校時代、選手権を目指し「燃え尽き症候群」にならないためには、あまりチヤホヤされてしまうとよくないようにも思える。

月曜日の決勝は、堅守の皆実をどうやって崩していくのかということが大きな注目である。

しばらくのご無沙汰でした。

正月早々、急に家内の母が亡くなりバタバタしていたためブログの更新ができませんでした。

愚息たちはオフのため、しばらくは練習は始まりませんが、今日来季のコーチの新体制についてのお知らせが届きました。コーチ陣を見てみると、グランパスのОBもいますが、そうでない方もおられます。してみると、グランパスファミリーで固めるという方針とはややづれているようにも感じますが・・・・・・。

コーチが代われば、サッカースタイルも変わりますし、使われる選手も変わってきます。グランパスは、他のチームと違ってプロ選手を出すということが第一の目標のクラブですが、やはり、ジュニアユース時代に全国制覇をしてしまうと、チームとしての勝敗を気にしてしまうというのは仕方ないようにも思えます。

愚息たちもどんなふうになっていくのか、期待感と不安でしょう。

あけましておめでとうございます

2009年 あけましておめでとうございます。

いつもなら天皇杯観戦のため国立に行っていたのですが、今年は行ってません。正直、愚息たちの決勝へ行くと思っていたので・・・・。2度も東京へは行けないと思ってたから。テレビ観戦も久しぶりでしたが、正直行くべきだったと後悔しています。

昔、東京に住んでいて高校の先生が日本サッカー協会につながりがあって、元旦はボール拾いの手伝いをしていました。(テレビにも映ってましたよ)その頃は、日本リーグの時代でしたが・・・・・。ゲームの後、みんなで代々木駅まで歩いて行って、遊んだ記憶があります。そんな過去があるので、この天皇杯には本当に思いいれがあると思います。

そして、元旦が終ると高校サッカーの観戦に行ってました。当時は、帝京高校の黄金時代。あのカナリア色のユニは印象的でした。どちらも、お正月の風物詩ですね。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »