papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

まずは勝利

クラブユース東海代表決定戦の1戦目、ホンダFCとのゲームを磐田のゆめりあまで観戦しに行きました。

昨年も、この会場でホンダFCに勝って、第3代表で、クラブユースへの出場を決めましたが、今年は東海から2チームしかでれないため、勝利していかなくてはなりません。

メンバーは、故障中の選手がいるためいつもと少しメンバーが違いました。前半は、相手のプレスが速く、なかなか得点が奪えませんでしたが、時間がたつにつれて、得点を重ねていき7対0で勝利しました。特に、8番はすばらしいシュートを連発。

今日の攻撃は、どちらかというと、ドリブルでの突破よりも、長短のパスを多用しているのが印象的でした。

ただ、後半、得点を重ね始めた頃から、大きくメンバーチェンジを行いました。いつもと違うシステムなのか、なかなか連携がうまくとれなかったため、パスミスが増えたのが気になりましたし、次節落とすことのできない、ジュビロ戦に向けての準備ゲームとしては・・・・・と思えました。

まずは勝ち

近藤ゴール

40分 近藤ゴール
終了 7対0

大西ゴール

38分大西ゴール6対0

翼ゴール

7分 翼ゴール5対0

藤田ハットトリック

後半5分藤田ハットトリック

3点目

38分小幡左クロス⇒藤田ヘッド3点目

2点目

27分藤田シュートゴール 2対0

クラブユース対ホンダ戦

前半6分正面フリーキック こぼれ川村ゴール

終わった・・・・・

今日の日韓戦・・・・・・ひどすぎました。というより、韓国との差がありすぎでした。

日の丸つけてるんだぞ、国の代表だぞ・・・・・やってられませんね。

しかも、岡田さん、チームの核と言っていた、俊輔・本田・遠藤をはずす采配・・・・。

確かに、俊輔はボールロスト多かったし、遠藤もパスミス連発。

チーム内での競争がないからでは・・・・それにゲーム中のリーダーがいない。

川口は、ピッチの外だ。

3戦全敗はほぼ確定的でしょう・・・・。

4年に1度の楽しみを奪ってしまう今の代表に腹が立ちます。

その昔、埼玉スタジアムまで強行で観戦に行き、翌日の朝帰宅して、そのまま出勤した時代が懐かしい思い出です。

イングランドやコートジボワール戦・・・・・結果は同じ。

プラチナ対ユースB

今日は、グラジュニアユースU15とユースのBチームがゲームをするということで、第2グランドまで観戦しに行きました。昨年も、現在のユース2年生と現ユース1年が対戦しましたが、1年の差を見せ付けて大勝した記憶があります。やはり、1才の差というのは大きいのかもしれません。

さて、ゲームです。前半が始まると、やはり自力に優るユースBがボールを支配し、すぐに2点を取ります。しかし、その後は、スピードに慣れたのかU15も善戦。トップの10番にポールが入ると、ボールの持ち方のテクニック的がすばらしく、1人で突破できる可能性を感じました。ユースのエースT選手とはまた違ったタイプのストライカーです。

しかし、後半が始まると、圧倒したのはU15。ハーフタイムの指示により戦術を変更したようで、ボールの回し方と奪い方が速くなりました。そして、ミドルシュートで1点を返すと、さらに10番が(オフサイド気味だったが)中央からシュートを打ち同点。結局、ドローという結果でした。もう少し時間があれば、逆転していたかも・・・・。

局面では、やはりユースBが優っていましたが、ゲームの運び方はU15が上でした。

さすがにプラチナ世代と言われるだけの力があり、縦ラインにタレントがそろっていて、クラブユース全国制覇も夢ではないかも・・・・・と感じるゲームでした。

アントラーズ戦

豊田スタジアムに、トップチームのアントラーズ戦を観戦しに行きました。今日は、大観衆で埋まってました。アントラーズとの対戦、そしてWカップ前の最終戦ということかも・・・。

結果は、1対4の完敗。正直、いいところ無し。トップの戦術は、攻撃はケネディ頼み、守備は闘莉王頼み・・・・・どこかのユースチームのコラムと似ている?。

せっかくの首位になるチャンスをものにできないのは・・・・やはりグラの宿命なのかも・・・。

ユースは、昨日から関西遠征。昨日は、関西学院大学に引き分け、今日はびわこ成蹊大に勝利したようです。再来週のクラ選東海大会にねらいを定めてほしいものです。

関西大学リーグと関東大学リーグの違いを選手は実感したのでは・・・・。

やはり、大学でサッカーやるなら関東でしょうね。

おいおい・・・・岡田さん

ワールドカップのメンバー23人・・・・どう見てもベテランが中心のチーム。この4年で世代交代に失敗している。オシムのサッカーが本当にオシマれる。 

GKに、川口が入っている。確かに実績はあるが、将来を見据えるなら西川を入れるべきでは。DFは、ほぼ予想通り・・・・ただ、岩政を入れるなら阿部はいらないようにも・・・・。

問題は、FWだね。このところ好調の、田中達と前田を入れるべきでは。正直、矢野と大久保は必要ないと思ってしまう。勝つためには、ゲームの流れを変えられる選手が必要に思う。ただ、今のチームでは得点は、セットプレーしかないけど・・・・・・。

この選手選考を見ても、岡田監督がチキンであることは確か・・・・・。今からでも遅くはない監督をチェンジするべきでしょう。

今まで、幾度もワールドカップで代表を応援してきましたが、今回は自分自身も盛り上がらない。

ドイツ大会・・・・・ジーコのサッカーは自由奔放だったけど、わくわく感があった。

日韓大会・・・・・ベスト16へ進んだトルシエのサッカーは戦術がしっかりとしていた。

フランス大会・・・・初出場というだけで日本が盛り上がり、岡田監督の地味なサッカーを批判されなかった。

今回の南アフリカは、更につまらないサッカーになると思ってます。

混戦にならなければいいが・・・・

GW最終日、グラユースのプリンスリーグ5戦目、常葉橘高校とのゲームを観戦。場所は、豊田市運動公園陸上競技場。昨年度、Jユースカップでセレッソ大阪に勝った縁起のよいピッチです。ただ、メインスタンドが改修工事のため、芝生側での観戦でした。

ゲームは、前半、ボールポセッションは圧倒するものの、なかなか点に結びつかないゲームでした。攻撃も、個人でのドリブル突破が多く、数名がからんでの崩しは見られませんでした。ダイレクトパスの少なさ、足元へのボールをもらう攻撃が多く、スペースへのパスが少ないことも原因かもしれません。暑さのせいもあるのかもしれませんが・・・・。

ドリブルで、目の前の相手をかわしていく攻撃も重要ですが、1本の裏へのパスでシュートへつなげる攻撃があれば、相手ディフェンスは混乱するようにも思えるのですが・・・・。

それでも、前半3点を取ってリードします。しかし、後半になるとリズムがつくれなくなります。中盤でのためやサイドチェンジがなくなり、やや攻め急ぎ過ぎの時間帯が・・・・。

メンバーチェンジを頻繁にしたこともあるのか、やや選手のポジショニングが定まっていなかったようにも思えました。

正直、今日のゲームは、「たくさん点を取る」というゲーム。プリンスリーグは、トーナメントでは無く、リーグ戦です。強豪チームとこれから対戦が残っている以上、できるだけ得点を上乗せしていくことは、重要のはずですが・・・・・・。

もちろん、全勝すれば別ですが、勝ち点て混戦にならなければいいですがね・・・・・。

Img_3729

Img_3725Img_3727Img_3726 

プリンス常葉橘戦

前半終了
3対0

近藤 高原2点

プレミア惜敗

グラU14は、プレミアカップの決勝で、残念ながら京都サンガに1対3で敗戦し、昨年に続いて準優勝であった。(2年連続の準優勝とはすごいことです)

ビデオ映像を見る限り、それほどの差は無かったように思えた。コーナーキックからの失点でややリズムがつくれなくなってしまい、追加点を取られ0対2で前半を終了。後半になるといいリズムがつくれて1点を返し、ペースをつかんだかに思えたが、前かがみになった時に、ちよっとしたミスから相手に1点をとられて万事休す。

このU14は、大柄な選手も多く、核になる選手がいるチーム。プラチナ世代であるU15と融合すれば、クラ選や高円宮でもいい結果が出せるようにも思えます。

さて、明日は、ユースは常葉橘戦。このゲームでしばらくプリンスも中断に入ります。いいゲームで終えてほしいものです。

頂点へ

プレミアカップの準決勝で、グランパスU14は、見事、大分トリニータに勝利して、明日の決勝に駒を進めました。決勝の相手は、京都サンガ・・・・・何か因縁を感じてしまいます。

プレミアは、現高2世代が初出場で3位、現中3世代が準優勝。残すは、優勝のみです。がんばってもらいたいものです。

決勝のピッチは、Jヴィレッジスタジアムですが、中学年代のハイレベルなゲームに観客が少ないというのは本当に残念です。首都圏近郊でやってくれれば・・・・。

現高2世代は、黄金世代。現中3世代は、プラチナ世代。この中2世代は、?世代。

GW プレミアカップ

GWと言えば、プレミアカップの大会。Jヴィレッジで開催されている。グランパスU14は、今日は、2勝したようで、現在グループ1位。他のグループでは、京都サンガと大分トリニータが同じく1位である。ぜひ、悲願の優勝を勝ち取ってもらいたい。

また、プリンスリーグ関東1部では、マリノスが流経柏に0対5の大敗、ジェフが惜しくもFC東京に0対1で惜敗。GWは、いろいろな場所で白熱したゲームが展開されていますね。

思えば、グランパスジュニアユースが初めてプレミアカップに参戦した時、Jヴィレッジまで観戦に行った時のことが懐かしく感じます。

プリンスリーグ東海の次節は、5日の常葉橘戦。しっかりと勝点3とできるだけ多くの得点を上乗せしてほしいものです。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »