papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

横浜滞在

昨日はクラブユース準決勝を2ゲーム観戦しましたが、せっかくなので

今日の夜は日産スタジオでトップのゲーム観戦をして、明日はクラブユースの決勝を見てから帰ることにしました。

久しぶりに昔生活していた場所にも行こうと思います。

関東はハイレベル

もう一つの準決勝 ヴェルディ対マリノスを観戦。

とにかくボールがよく動く、そしてよく走る

どちらのチームも球際が強い。

ヴェルディとはジャパンユースで、マリノスとは浦和カツプで対戦していますが、確実に進化していました。

特にヴェルディの10番は凄いプレーを連発。

来年の全国リーグは、東になって欲しかった……………。

よくやりました

後2分でというところで力つきました。

よく守りましたが、やはり走り負けた感じ。

ここまできたのはみんなの力、胸を張りましょう。

お疲れさま

失点

0ー1

延長前半終了

0ーお

延長戦突入

10分ハーフ

加藤ガイイン

北川イン

点取れるぞ

大西イン

後半

メンバーはそのまま

前半終了

0ー0のまま終了

ほぼ互角の攻防

前半20分終了

0ー0悪くない

クラブユースレイソル戰

先発
古川 奥山 川本 金編 都竹 水野 近藤 加藤 藤田 小幡 川村

リベンジのためには・・・・

明日は、クラ選の準決勝、レイソルとのゲーム。場所は、ニッパツ、午後4時キックオフです。

天候が心配ですが・・・・・・・・・。

グループリーグでは、レイソルに苦杯をなめました。前半の始めに失点してしまい、その1点を取り返すために、なかなかリズムにのれませんでした。まずは、失点しないことでしょうか。前半は、0対0でいき、後半勝負というパターンが必要でしょう。

ここまできたからには、ぜひ頂点をとってほしいとも思います。もう一つの準決勝は、ヴェルディ対マリノス。どちらも対戦したことがあります。

また、ヴェルディとマリノスは、高円宮杯の出場権をもっているため、ジェフ千葉の高円宮杯出場が決定したということですね。

明日は、いいゲームを期待したいものです。

横浜へ

クラ選の準々決勝、大宮に4対2で勝利して、見事、横浜のニッパツへと駒を進めました。

ニッパツ三ツ沢競技場は、昔、何度が高校選手権を見に行きました。とても見やすいスタジアムです。

公式記録を見ると、前半の立ち上がりに10番が先制して、主導権をにぎり、その後、17番と8番が連続加点して、常にリードしていたのが大きかったようです。

後半は、相手も攻撃に転じてきたようですが、守備陣もよく耐えたという感じでしょうか。

さぁーあさって30日は、グループリーグで負けたレイソルとまたもや対戦します。ゲーム内容では、ほぼ互角でした。リベンジのチャンスです。

横浜へ、私もあさって朝行きます。

1点の差

奇跡的に決勝トーナメント進出を決めました。今日の6点もすごいことですが、初戦の仙台戦の4点目が効いてますね。ジュニアユースのK選手の活躍に脱帽です。

結果的に、得失点差の一点差で進出できました。

選手のみんなは、主力がけがで離脱した選手の分もがんばってくれています。

炎天下での戦いでは最後までどうなるかわかりません。今日も、速報を何度も更新しながら一喜一憂していました。仙台が柏に前半、2点リードして、グラが1点入れている時は、かなりの期待感が・・・・・・。しかし、柏が追いついて同点になった時には、1位通過が消え一時、ため息でした。しかし、その後、パソコンを更新してみると、なんと・・・・・6点も・・・・・。目を疑って、何度も更新してみました。

しかも、3時からのゲームは、かなりの波乱が・・・・。

ここは、運も味方につけています。明日のゲームは、累積で出れない選手もいますが、あと一つ勝って、横浜へ、乗り込みましょう・・・・ぜひ・・・・・・。

ふみとどまった

なんと、2位のの2位でで決勝トーナメント進出です。

明日は、1位の1位の大宮戦です。

選手の皆さん、本当に暑い中がんばりましたね。

明日も頼みます。

勝ち点1ねらい

クラ選のレイソル戦をもう一度考察してみた。

 前半から相手は前線からのプレスをしかけてきたため、ボールを保持できなかった。ゲームが落ち着かない時間帯に失点してしまったことが大きい。失点場面も、つないでおけばいい局面でボールを前線にロングキックして、カットされてもちこまれて、クロスボールを蹴られて中の対応が遅れてしまった。失点したことで、気持ちが焦ってしまったようであった。2点目も、中盤のミスパスをカットされ、そのまま持ち込まれて入れられてしまった。勝ち点3を取ることも必要だが、グループリーグの3試合をトータルに考えて、勝ち点1ねらいでもよかったように思えた。

 また、メンバー選考については監督さんが決めることだとは思うが、相手のチームに対する組み合わせや戦術変更も全国大会では必要ではないかと思う。事実、ベガルタは完全に守備的な戦術を使ってきた。レイソルとは、個の力にそれほどの差を感じなかった。相手のチームのゲームをしっかりと分析しておけば、戦い方も違ったようにも思えた。

 全て、たらればになってしまうが、生で観戦して、正直、勝てない相手では無かった。

最後に、執念の1点を入れたことで、甲府戦につながったようにも思う。

まだね2位抜けの可能性は残されてはいますが・・・・・・・。

混戦から1点

1ー21ー2

失点

カウンターで0ー2

藤田⇒北川


川村⇒大西

加藤⇒岩田

川村⇒大西

後半


川村⇒大西

前半終了

何度か決定機あるも決められず0ー1

失点

9分
右からのクロスに合わされ失点

2戰目レイソル戰

先発
古川 川本 都竹 奥山 金編 水野 近藤 藤田
川村 小幡 加藤

明日がヤマ

クラ選1戰目は4ー1で勝利しました。

ボールは支配しても ペナルティーエリアになかなか入れない。
それでも17番と35番のセンスあるプレーで点を重ねて勝利しました。

明日は甲府に1ー0で勝利したレイソル。2戰目がヤマでしょう。

Jビレッジは本当に元Jリーガーがたくさんいました。もちろん元グランパスのコーチの方も

明日は勝負 の時です。

4ー1勝利

37分北川ゴール4ー14ー1

北川ゴール

37分北川ゴール4ー14ー1

26分ゴール

川村ループ 3ー1
北川イン

17分失点

17分失点
フリーキツク合わされ失点

後半2点目

7分
川村ゴール

前半終了

1ー0
ボール支配するもチャンスなし

苦しいゲームの予感

先制

5分
Pk 小幡ゴール

クラ選ベガルタ戰

先発

古川 金編 奥山 川本 都竹 水野 近藤 加藤 藤田 川村 小幡

風やや強い

真夏・・いや酷暑の祭典

今日は、本当に暑かったです。

そんな酷暑の中、小学生の大会のレフェリーを2試合もしました。ボールを必死に追う小学生のサッカーは、いいですね。戦術とかをあまり気にしないで、とにかくボールを追う感覚が懐かしい。若かりし頃は、たくさんのゲームのレフェリーをしていました・・・・・・。

さて、いよいよクラ選に向けて、グラユースは、明日Jヴィレッジに向けて出発します。福島は、愛知よりは少し気温は低いですが、酷暑の中、ピッチを走りきることが勝敗を分けると思います。

1戦目は、ベガルタ仙台。ジュニアユース時代、高円宮杯の予選に戦いました。ほぼ地元チームですが、まずは勝ち点3を取ってもらいたいものです。そして、2戦目が、柏レイソルです。清水フェスティバルで1ゲーム観戦しました。ポゼッションサッカーですし、日本代表の選手もいます。苦戦必至でしょう。

そして、3戦目が、ヴァンフォーレ甲府です。私は、ここが一番の難敵だと思ってます。ジュニアユース時代にも、何回かゲームをしましたが、組織的なサッカースタイルでした。

とにかく、体調をしっかりと整え、後半の運動量を維持して、闘う気持ちを忘れずにがんばってもらいたい。故障している選手の分まで、ファイトしてほしい・・・・・・・。

どうすりゃいいのさー

昨日に続き、グラユース対名古屋高校とのゲームを観戦。

しかし、ゲーム中にアクシデントが・・・・・・ゴール前でまたもや1人が転等して肩を強打。そのままピッチを後にして、病院へ。

この後どうなるかはわかりませんが、FWの主力が2人欠けてしまうのは、あまりにも痛い。

「どうすりゃいいのさーこのーチーム」という心境。

クラ選では、バック陣が失点しないこと、そしてとにかく点を取ること・・・・。

中盤の7番と6番のゲームコントロール、そしてサイドの10番と13番の切れ味鋭いドリブル突破に更に期待が高まります。

チームの変貌

暑さの中、グラユース対中京大学とのゲームを観戦。

中京大学は、総理大臣杯で準優勝したチーム。今日のメンバーは、数名のレギュラーがJlリーグのチームに練習参加しているようで、1軍半という感じでした。グラも、故障者が数名いるため、いつもと少し違うメンバーでした。

ゲームが始まると、中京大のチームの変貌に驚かされました。昨年も、何度か対戦しましたが、まるっきり違うチームスタイルに変わっていました。守備では、スペースを与えない、攻撃に転じれば、しっかりとサポートする。ボールが相手に渡れば、すぐに守備へとチェンジする。その基盤になっているのは、間違えなく走力です。

走力なくして、サッカーは勝ちきれないということのお手本でした。中京大の監督さんは、N氏。選手時代はグランパスにいましたし、ヴェルディジュニアユースの指導をした方です。監督が代われば、サッカースタイルは変わる。当たり前のことですが、その手腕に驚かされます。このサッカーなら、総理大臣杯でも結果が出ると思いました。

さて、いよいよ来週末は、クラブユース全国大会です。どうやら故障者が出たようで、ベストメンバーは組めそうにない状況になったようです。ここは、チームで団結してぜひ、グループリーグを突破してもらいたいものです。

暑さの中で、走りぬくこと・・・・・・・これが一番の課題ですが・・・・・・・。

中京大戰

トレーニングゲーム

2ー7で敗戦 中京大強い 昨年とは違う

得失点差

プリンスリーグの最終戦、グラユース対海星高校とのゲームを観戦。

最終節ということで、得失点差も絡んでくるので、大量得点で勝利したいゲームでしたが、前半から精彩をかいたゲームでした。中盤と前線が間延びしていて、ボールホルダーへのサポートが遅い印象。しかも、前半2分に簡単に点を取ったことで、楽勝ムードになってしまったのかもしれません。前半は、たったの1点で終了。

後半も、前半との流れが変わりませんでしたが、10番の個人技で2点を加えていいリズムになりかけた後、フリーキックから失点。そして、中盤のパスミスから右からもちこまれ、クロスボールを中央で合わされて失点。その後、久しぶりのプレーの9番が1点を返すも、結局4対2の辛勝でした。

同時刻に行われた、エスパルスと四日市中央高校が2対2で引き分けたために、勝ち点で並ぶも、得失点差1の差で、東海2位で終えました。

チーム内でいろいろなことがあり、選手もコーチもきっと複雑な思いで戦ったと思います。やはり、サッカーはモチベェーションが左右するスポーツだということを改めて認識したようにも思えます。

振り返れば、エスパルス戦のロスタイムの2番の意地のヘッド、静岡学園戦での13番の値千金のゴール・・・・・この2つが全国への切符を手に入れたのかもしれません・・・・・。

Img_3868Img_3869

高原ゴール

44分高原右足シュート

失点

38分3点右からくずされてまたまた失点

失点

18分 フリーキツクで失点

後半9分3点目

9分 小幡左足シュート

後半2分 2点目

2分 小幡右足ミドル

前半終了

パスミス多くかなり……………厳しい
中盤と前線がリンクしていない

先制

2分 奥村ゴール

海星戰

先発
石井 渡辺 川本 奥山 野崎 近藤 川村 加藤 小幡 大西 奥村

ファイナル

ワールドカップもいよいよファイナルまできました。スペイン対オランダ。今までに見たことのない組み合わせです。どちらも初優勝です。オランダは、得点力があります。スペインは、ゲームごとにパスサッカーが蘇ってきました。

攻撃チームによるガチンコ勝負は、本当に楽しみです。私は、ズバリ3対2でスペインと予想します。

さて、グラユースも、明日プリンスリーグ東海のファイナルゲームを迎えます。このところ、いろいろなことがありましたが・・・・・。相手は海星高校です。引き分け以上で、全国リーグ昇格が決定しますが、ぜひともすっきり勝ってクラブユース全国大会につなげてほしいものです。

耐えたゲーム

Img_3861

プリンスリーグ東海、静岡学園対グラユースのゲームを観戦しに、静岡のエコパの補助グランドまで観戦しに行きました。この会場は、ジュニア時代、ナショナルトレセンが行われたピッチでした。

あいにくの雨の中でのゲームでした。前半は、相手が中盤を省略してロングボールを蹴りこんでくる戦法に苦戦しましたが、2番と18番のセンターバックの2人と22番のGKの的確な判断で、何とかピンチをしのいでました。このまま前半を終えるかと思われた前半終了間際、左からのフリーキックを6番が蹴り。GKがはじいたところを13番が蹴りこみ先制に成功。この1点が、後半にきいていたようです。

後半、静岡学園がややボールを持ち始めたためら、やりやすくなったようでした。お互いに、チャンスを演出するも、そのまま1点を守りきって見事勝利することができました。

雨の中でのゲームのため、お互いにファールが多く、イエローカードとレッドカードも出てしまいましたが・・・・・・。

今日のゲームは、本当に全員で耐え抜いたゲームでした。昨年の、クラ選全国大会のサンフレッチェ戦と被ります。

来週は、最終節の海星高校。引き分け以上で3位以内確定です。ここはまた気を引き締めてがんばってもらいたいものです。

そして、ゲームに出てないメンバーにも奮起を期待したいです・・・・・・・。

Img_3852

勝利

1対0 見事勝利 デイフェンスの大活躍のゲーム

44分先制

右フリーキックこぼれ翼ゴール

プリンスリーグ静岡学園戰

先発
石井 野崎 奥山 川本 都竹 近藤 川村 樋江井 奥村 小幡 加藤

たられば

日本代表が、もしも勝っていたら、スペインとのガチンコ対決になっていたのに・・・・なんて考えながらしばらく、ワールドカップの燃え尽き症候群みたいになっていました。

さて、明日は、プリンスリーグの静岡学園戦。がんばるしかないですが・・・・・。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »