papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

天皇杯

天皇杯の各都道府県予選の決勝が行われています。愛知県は、PK戦の末、中京大学が、三重県は、延長の末、四日市大学。そして、岐阜は、FC岐阜セカンドが。

そして、東京では、あのクラ選優勝の東京ヴェルディユースが代表になっていました。来週から始まる高円宮との掛け持ちになります。来週、勝ち上がれば、3連戦になると思います。

いよいよ来週から高円宮がスタートします。昨年は残念ながら出れなかった大会ですが、今年はクラ選3位ということで、反対にマークされる側になっています。初戦は、西が丘でアビスパとです。何よりも、初戦が重要でしょう。

ぜひとも、勝利で弾みをつけてもらいたいものです。

来週は、西が丘で観戦後、夜は日産スタジアムでの代表戦も見てこようと考えています。

4ー2勝利

なんとか勝利
なんとかです。。

17個人技で4ー2

左からカットインしてシュート4ー2

失点

左から崩され 3ー2

後半PKゲット2ー1 その後19シュートで3ー1

後半Pk1ー2

小幡倒されPK そのまま決めて1ー2

PK1ー1

加藤翼倒されPK そのまま決めて1ー11ー1

中京フェスティバル清水商戦

失点 ownゴール 0ー1

プラチナ惜敗

クラブユースに参加しているグラU15は、決勝トーナメント1回戦で、惜しくもアントラーズに延長の末、惜敗したようです。公式記録を見ると、シュート数で優っていたようですが、思うように点が取れなかったようです。残念ながら、2008年以来の全国制覇の夢は消えてしまいました。プラチナ世代の選手たち、お疲れ様でした。

おととしのクラ選でも、準々決勝でアントラーズと対戦しました。あの時は、K選手とT選手のシュートで勝利しました。

ジュニア、ジュニアユースも大会が終わりました。次は、いよいよ高円宮です。

がんばってもらいたいものです。

首位

午前中は、刈谷FCとのトレーニングマッチにサテライトの人数が足りないため、ユース選手が数名出るということで、第一グランドまで観戦しに行きました。昨日、金沢フェスティバルから帰ってきたばかりなのに・・・・・・やや疲れ気味だと思いますが・・・・・。ハードスケジュールですね。

夜は、トップチームのレッズ戦を観戦しに豊スタまで。30000人も入っていて、すごかったです。ゲームも、追いつかれたものの見事、3対1で勝利。エスパルスが負け、アントラーズが引き分けたために、首位にたちました。次節が重要でしょう。初優勝のためにも、ここからが本当の意味での戦いです。

ユースは、高円宮の組み合わせも決定。アビスパ、マリノス、養和と同じ組ですが、会場が東京と群馬で本当によかったです。

1戦目は西が丘のため、同一夜に、新生日本代表戦が、日産スタジアムであるので、代表戦のチケットも今日ゲットしました。

ます゜はその前に、21日~22日に行われる、ジャパンユースサッカーですね。

金沢旅行記?

金沢フェスティバルの観戦のため、2泊3日で金沢まで行ってきました。

この大会は、石川県全体のサッカー場を使って行われている大きな大会です。全部で8個の大会が設定され、参加チームは、なんと114チーム。その8個の大会の中で、1番上として金沢ユース大会があります。全国の強豪ユースと全国の高校がたくさん参加しています。ただ、モチベエーションとしては、クラ選と高校総体の後で、今ひとつという感じでしょうか・・・・。

グラユースは、2年生を中心とした遠征メンバーで、しかも16名。一日に、2試合ゲームを行うので、かなり体力的にもきつい感じでした。ゲームを観戦しても、高校チームの方が、最後までゲームをあきらめない根性が優っていたように思えます。事実、クラ選で結果を出したヴェルディもマリノスもレイソルも負けていました。(あの時のフルメンバーではない)

2日目の、神戸科学技術戦も、帝京戦も、上手さでは優っていましたが、走りきることや最後まであきらめない気持ちでは、劣っていたようでした。また、クラ選の後ということで、体力面もさることながら、気持ちが高まっていないのも事実かも・・・・。

3日目の決勝トーナメント1回戦では、FC東京には完勝したものの、午後から行われた遊学館戦では、完全にボールを支配するものの点が取れる時に取ることができず、先制しながら相手の粘りに逆転負けしてしまいました。これも、やはりユースと高校の置かれている立場の違いかもしれません。恵まれた環境で、プロに1番近いユースと、結果をださなければプロにはなれない高校という感じでしょうか。結果的には、5位か6位ということで、よくがんばったと思います。

金沢では、いい思い出がたくさんできました。1日目には、試合の合間をぬって、数年前に言った兼六園と金沢城址に行ったり、ジュニアユース時代に一緒だった藤枝東高校でサッカーをしているI選手に泊まるホテルのロビーで会ったり、夜は星稜高校でがんばっているО選手、T選手、H選手のお父上と飲み会をやりました。お世話になりました。

2日目は、台風が接近して悪天候でしたが、星稜高校でゲームを観戦し、金沢で有名なすし屋でおいしいすしを堪能したり、夜は金沢一の繁華街、香林坊に行っておいしい物を食べ、3日目はかつての帝京高校の名監督K氏を見かけたりと、観戦より旅行が目的・・・・・・という3日間でした。

生まれ故郷の東京、よく行く横浜、そして福島のいわきも得意ですが、金沢ガイドもレパートリーになったようです。

Dsc02692Dsc02704  Dsc02720

Dsc02726

Dsc02721

Img_4106

Img_4110

Img_4128

Img_4130 

Img_4149

Img_4153

辛勝


1ー0なんとか勝利

メンバーチェンジ

樋江井 野崎 大西イン 加藤翼 渡辺 足立アウト

後半5分

川村たおされPK

川村決めて1ー0

後半

前半0ー0

伊藤 岸イン 石井 川本アウト

前半終了

前線でボールがおさまらない。

コンビネーションが課題。

またラストパスの丁寧さが
欲しい。

中盤での変化をつけることもいるように思う。

前半10分経過

ボール支配するもシュートまでいけない

大津戦先発

準決勝はPK戦で遊学舘がフロンターレに勝利。

石井 渡辺 奥山 川本 金編 都竹 加藤凱 足立 川村 加藤翼 佐藤

金沢フェスティバル最終日

今日は10時20分より大津高校との5〜8位決定戦です。

やはりユースサッカーは、根性のある高校サッカーは苦手ですね。

高円宮のグループは全てクラブチームなのでやりやすいかも………………。

最終日頑張りましょう。

29分失点そして敗戦

1点カウンターでとられ1ー2敗戦

メンバーチェンジ

樋江井イン 加藤翼アウト

メンバーチェンジ


野崎 加藤凱イン 金編 川村アウト

後半11分カウンターから失点


後半10分終了

3度決定機あるも決められず。

完全にボールを支配

後半開始

石井イン 伊藤アウト

前半終了

1ー0
ボール支配はするがシュートの意識が少ない。

守備は落ち着いてさばいているが、ロングボールに注意。
裏へ抜けるスルーパスが欲しい。

雨はやんで風もおさまった。。

前半27分先制


都竹左から持ち込んでサイドネット弾丸シュート1ー0

前半20分終了

なかなかボールがおさまらない。


準々決勝 遊学舘戦 訂正

先発

伊藤 岸 奥山 都竹 金編 水野 佐藤 渡辺 川村 足立 加藤翼

準々決勝 遊学舘戦

先発

伊藤 岸 奥山 都竹 金編 水野 加藤凱 渡辺 川村 足立 加藤翼

試合終了

2ー0勝利

準々決勝進出

20分追加点

都竹左足シュート跳ね返り佐藤強烈シュート 2ー0

交代

17分 野崎イン 金編アウト 雨ひどく風強い

交代

15分 樋江井イン 加藤翼あwあw

後半10分経過

渡辺イン 加藤凱アウト

ほぼ互角

後半開始

岸 伊藤 イン 川本石井アウト

前半終了

1ー0でリード
最初FC東京のプレスに苦しむがだんだんとリズムが生まれた。

次の1点が重要

先制ゴール

都竹 左足弾丸シュートされ1ー0

FC東京戦

先発
石井 奥山 川本 都竹 金編 佐藤 加藤凱 水野 加藤翼 川村 足立

金沢フェスティバル決勝トーナメント

昨晩は、星稜高校のOさん、Tさん、Hさんの御厚意で楽しい会をさせてもらいました。

本日は星稜高校で、FC東京と9時から対戦します。

2ー2ドロー

26分失点

コーナキックから失点

翼ゴール

6分 左から崩して翼ゴール 2ー1

後半開始

川本 都竹 樋江井 イン

前半終了

ミスが多いためリズムが悪い。決定機は帝京が多かった。

後半スタミナがやや心配。

佐藤ゴール

26分佐藤左足シュートされバックにあたりコースが変わりゴール1ー1

失点

20分 中盤のミスからロングループで0ー10ー1

帝京戦

先発
石井 金編 渡辺 岸 奥山 加藤凱 加藤翼 足立 水野 佐藤 川村

4ー3何とか勝利

帝京が1ー0で勝利

失点

4ー3 左からのクロスにあわされるる

翼イン 凱アウト

4ー2のまま

失点

左からカウンターぎみでシュートされ 4ー2

後半開始

奥山 佐藤 野崎 樋江井 イン 伊藤 加藤凱 足立 川村 水野 都竹 金編

前半終了

4ー1 前半始め相手の寄せに苦しむも、だんだんとボールが回りいいリズムに、

翼ゴール

水野⇒翼 ゴール 4ー1

川村ゴール

足立⇒川村 3ー1

凱ゴール

左から持ち込んで右足シュート 2ー12ー1

都竹ゴール

フリーキツク左足炸裂 1ー1

失点

カウンターで失点

金沢フェスティバル 対神戸科学戦

先発
伊藤 都竹 金編 渡辺 川本 岸 水野 加藤凱 加藤翼 足立 川村

いざ金沢へ

明日から行われる金沢フェスティバルは、全国の強豪チーム(高校・ユース)が本当にたくさん来るようです。当初は、観戦するつもりは無かったのですが、これだけのチームが集結するということで、急遽金沢へ行くことに決めました。

明日は無理なので、あさって1日遅れで金沢へ行くつもりです。

11日は、グラユースは神戸科学技術と帝京と対戦します。

食べ物もおいしい金沢・・・・・魅力的です。

接戦を制す

午前中は、昨日に引き続いてグラユース対関西学院付属高校とのゲームを観戦。昨日よりも、選手にキレが戻ってきたようでした。特に、17番のゴール前でのテクニックあふれるプレーが印象的でした。

午後からは、国際ユースの最終日を豊スタへ見に行きました。1試合目は、グラユース対UAE。点の取り合いになったゲームでしたが、最後にキャプテンのМ選手のゴールで見事接戦を制し、昨年に引き続き3位でした。

②ゲーム目は、優勝決定戦になったアルゼンチン対日本代表。どちらかというとアルゼンチンがボールを支配していましたが、日本の守護神、ジュビロのI選手のファインセーブで失点しませんでした。結局、PK戦の末、アルゼンチンが優勝。大会の幕を閉じました。

帰りに、グラユースでひざの手術をして入院している選手のもとへ、グラユースの数名の選手たちがお見舞いに。

どうやら、無事手術も成功したようで、何よりです。これから、辛いリハビリが始まりますが、焦らずじっくりと完治させて、またピッチですばらしいドリブルからりキャノン砲を見せてくれる日を心待ちにしています。がんばれ。

そして、夜、見事にグラトップは、終了間際のロスタイムにトゥーリオが勝ち越しヘッド。ついに、2位浮上です。

今日は、「接戦を制した日」でしたね。

1日サッカー観戦の日

今日は、午前中は、グラユース対興国高校とのゲームを観戦。

ややプレーにキレが感じられなかった。クラ選の疲れからなのかわからないが・・・・。

それでも、4対1で勝利していました。

夕方からは、豊田国際ユース2日目を観戦。アルゼンチンは、時差ボケがなくなってきたのか、ハイレベルなプレーを連発していました。

②ゲーム目は、グラユース対日本代表。どれぐらいやってくれるのか期待していました。グラユースは、ジュニアユース時代、全国3位になっているチームです。

ゲームは、ほぼ互角でした。後半は、かなりグラのペースで、シュートを何本も打っていて得点チャンスはありましたが・・・・。日本代表は、少ないチャンスをきっちりと決めるしたたかさがありました。決定力の差が勝敗を左右しましたね。

明日は、最終日、豊田スタジアムです。

豊田国際ユース 1日目

昨日は、豊田国際ユースのゲームを観戦しに、豊田市運動公園球技場へ行きました。

2年前までは、私もこの大会の運営を手伝っていました。そのため、入り口で知り合いの方をたくさん見かけました。

ゲームは、第1試合が、アルゼンチン対グランパス愛知県豊田市選抜。

始まりが、4時半ということで、かなり体力的に苦しいゲームでした。グランパスも善戦していましたが、個の力で上回るアルゼンチンがだんだんと優位にたちました。中盤の展開力に、少し差があったように思えました。

2ゲーム目は、日本代表対UAE。ほぼ、互角の展開でした。守備では、UAEがしっかりとバランスをとって守っていましたが、やや攻撃が単調になっていました。修了間際に、コーナーキックから3番の長身DFがすばらしいヘッドを入れて日本代表が勝利しました。日本代表は、やや連携が今ひとつという感じでしたし、ややスピードで突破する選手が少ないようにも感じました。

明日も、観戦しに行こうと思ってます。Dsc02687 Dsc02688

夏の祭典 豊田国際ユース

今日から、夏休み恒例の豊田国際ユース大会が開催されます。

今年は、アルゼンチン、日本代表、UAE、そしてグランパス愛知県・豊田市選抜の4チームのリーグ戦です。昨年から、規模がやや縮小になり、4チームになりました。ただ、昨年はどのゲームも豊田スタジアムでしたが、今回は最終日のみ、豊田スタジアムです。

やはり、予算の縮小でしょうか?

今年のゲームでは、クラ選で中3ながら大活躍したK選手に注目です。どんなプレーをしてくれるのか楽しみです。

横浜遠征

1泊2日の横浜滞在が、2泊3日に・・・・・。1日目は、クラ選の準決勝2試合を観戦。2日目は、東京都内散策と日産スタジアムのグラ対マリノスのゲーム観戦。そして、3日目が、サッカーミュージアムとみなとみらい散策とクラ選決勝観戦。サッカー観戦三昧でした。

クラブユースの準決勝、グラユース対レイソルのゲームは、残念な結果でした。延長戦までもつれ込んで、あと1、2分でPK戦と思われた時に5番の選手に入れられてしまいました。

5番のS選手は、本当にすばらしい選手です。決勝戦でも、最後まで走りきっていました。フィジカル、メンタル、テクニック、どれをとっても輝いていました。ボランチをやったかと思うと、パワープレーでトップもできる。たらればですが、5番の選手がトップに上がった時にもグラも守備の枚数を増やすという選択肢もあったと思われます。

グラユースも、体力的にもかなりきつかったと思います。1試合目は、まだ暑い4時開始。その後のヴェルディ対マリノスは、涼しくなった7時開始だったのを考えると、プレーの質にも少なからず影響していました。

できれば、後半の始めのいい時間帯に得点をとっていれば、勝利が見えたゲームでもありましたね。

ただ、2年生が半分いるチームです。まだまだレベルアップをして、来年もぜひニッパツに戻ってきてほしいと思いました。

次は、8月10日からの金沢フェスティバル、21日~22日のジャパンユース、そして、9月から始まる高円宮ですね。

Img_4059_2 

Dsc02684 Dsc02662

Img_4000

Dsc02670

試合終了ヴェルディ優勝

ヴェルディのうまさが目立つ、足元へのパスで繋ぐ展開

延長5分終了

ヴェルディのうまさが目立つ、足元へのパスで繋ぐ展開

延長前半終了間際ヴェルディ10番ゴール

10番フリーキツクゴール

延長5分終了

レイソルが押し気味

レイソルはスタミナある。

延長戦突入

ややヴェルディの方が元気がいい

またまた延長戦

1対1のまま延長戦へ

レイソル5番をトップに

ヴェルディペースに

35分終了

ヴェルディペースに

29分ヴェルディゴール

バックのクリアミスを10番シュートで同点

20分終了

どちらも決定機があるが最後にゴールに嫌われる。

6対4でヴェルディペース。

レイソルのバックラインはよくそろっている。

レイソル8番イエロー

後半5分終了

ヴェルディがリズムつかむ。

シュートの意識が強い。

前半終了

レイソルがいいリズムでゲームを進めた。

レイソルはヴェルディをよく研究しているし、ボールホルダーへの寄せも速い。

前半40分終了

レイソルのパス回しがいい。

後ろでつないで組み立てる。

ヴェルディは10番にボールがつながらないため攻撃がうまくいかない。。

前半25分終了

レイソルのパスはとてもシンプル。

繋ぎ方もいい、5番の運動量がいい。

ヴェルディはボールが取れない。

レイソル先制

左からのクロスに8番シュート。

前半10分

レイソルがボールポゼッツション高い。

レイソル9番のポストプレーがいい。

クラブユース決勝inニッパツ

横浜滞在最終日

またまたニッパツにいます。

昨日は日産スタジアムでトップの勝利を見ました。

今日はヴェルディ対レイソル かなりのハイレベルのゲームが期待できます。

1時間前ですが、かなりの人がすでにいます。

来年はグラもここにいて欲しい…………………。

クラブユース決勝inニッパツ

横浜滞在最終日

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »