papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« TM作陽戦 | トップページ | 豊田スタジアムだ »

組織の作陽

今日は、スポーツセンターがトヨタビックホリデーのため、アゥェイでのゲーム。場所は、名古屋商科大学人工芝。相手は、高校サッカーの岡山の名門、作陽高校。岡山では、作陽と玉野光南が2強でしょうか。

Aチームの前にBチームが作陽のBチームと対戦しましたが、とにかく相手に圧倒されました。個々の技術、ゴール前でのアイデアでも完敗。攻撃では、トライアングルを常に意識ししながら、よく洗練されていました。Bチームでこれだけのレベルのサッカーなので、Aチームはどんなサッカーをするのか・・・・・。

さて、Aチームのゲーム。個での突破が主体のグランパス対連動した組織的な作陽という感じがしました。絶えずボールホルダーにプレスをかけてくることが徹底されていました。前半は、作陽が有利な展開でしたが、何とか失点せずに後半へ。

後半に入ると、グラもメンバーチェンジをした成果なのか、攻勢にでます。特に、右サイドからの攻撃が活性化し、しかも中盤の選手の飛び出しもみられ、チャンスを演出。後は、トップの選手が点を取るだけという感じでした。

しかし、ことごとくシュートチャンスをはずし、結局はドロー。作陽さんも、遠くからの遠征で、やや後半疲れていたようにも思います。

作陽さんは、よく指導の入ったチームでした。これだけ連動した守備と、プレスがあれば、そう簡単には失点しないように感じました。ただ、エースストライカー的な選手がいないようにも思えます。高校選手権に向けて、がんばってもらいたいものです。

グラも、後半はかなり熱いゲームを展開していました。その最大の理由は、点を取るための縦への楔のパスや、ロングパスとショートパスのメリハリがあったからだと思います。ショートパスをつないで崩すことだけでなく、ロングパスを織り交ぜることで、個人技が生きてくるようにも思えます。

個の力プラス組織・・・・・・・・大切なことですね。

« TM作陽戦 | トップページ | 豊田スタジアムだ »

グランパスユース」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
作陽とのゲーム苦戦されたようですね。
私が思うに中国トップの高校と愛知の高校の決定的な違いは
プレスの速さと厳しさです。
○島観音、○子北はもっと厳しく、いやえげつないですよ(笑)
個々のスキルでは愛知の方が高いかもしれませんが、チーム力
ではどうでしょう。
さて愚息はいよいよ日曜日決勝です。
最近は香○西、玉○×南、神○学○、を練習試合で撃破している
ようですが決勝の相手は本当に厳しいですが東京で会えると
信じています。
応援宜しくお願いします。
PS2ヶ月ほど前メールを送りましたが迷惑メールに振り分けられ
ようですね(笑)


本当にお久しぶりです。お元気でしょうか。

ゲゲゲの女房できっともりあがっているんでしょうね。

作陽さんは、本当にプレスもしっかりしていて、よく訓練された好チームでした。中国地方では、サンフレッチェがやはりダントツですが、高校サッカーでもいいチームはたくさんありますよね。ここのところ、一気にレベルアップしている印象です。

スキルだけではサッカーは勝負できません。やはり、チーム力を植えつけることが大切なのですが、今のユースにはそういったコンセプトはありません。個の力で何とか勝っている感じです。

勝ったゲームの後も負けたゲームの後も、練習内容がそんなに変わらない現実があるようです。

さて、いよいよ選手権ですね。ぜひとも、東京行きを決めてください。今回も、国立へは行く予定です。ついでに、選手権も・・・・・。
愛知から応援しています。

追伸  メール全く気づきませんでした。本当にすみません。

こんばんは、グラU18は、土曜日12月4日は、横浜南高校とTMだったんですね。勝ったのですね。みんな頑張っていましたか。
トップチ-ムの最終戦勝利しましたね。何とか守りきり。
私は、今日はグラU11の試合新人戦を蒲郡市まで応援してきました。
快勝で2回戦へ。次も頑張って欲しいものです。
また、U18の試合見に行けたらお会いしましょうね。
今度は、今のところ12月18日(土)にトヨスポに行くかもしれません。
忙しかったらごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/49833589

この記事へのトラックバック一覧です: 組織の作陽:

« TM作陽戦 | トップページ | 豊田スタジアムだ »