papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 試合終了1ー1ドロー | トップページ | 鳥栖戦前半31分ゴール »

縦への意識

Jユースカップの初戦、ヴィッセル神戸対グランパスユースのゲームを第2グランドで観戦。

あの高円宮の静岡学園との敗戦からどういったチーム状態になっているのかということが少し心配であった。グランパスのスタメンは、数名けが人がいるため、いつものメンバーとは少し違っていたが、相手の神戸さんも、エースの小川選手がトップチームに登録しているため、攻撃力は少し落ちると予想した。

しかし、ゲームが始まってみると、ボールを支配していたのは神戸。特に左サイドからの攻撃が多く、中盤のボールへの寄せも速かった。対するグランパスは、前線でのボールロストが多く、サポートが上手くかみあっていなかった。前半、左からのクロスボールが通って見事合わされて失点。またもや、先制されてしまう。

ここのところ、とにかく失点してしまうゲームばかり。これは、守備陣にも問題があるが、なんと言っても、前線と中盤でのプレスに原因があると思う。プレスをしあうためには、お互いによるコーチングが必要。今のチームに声は少ない。

しかし、後半、右からの10番のクロスボールが相手GKの前に落ち、うまく8番があわせて同点とする。単純な攻めに思えるが、縦へのパスは点につながる。その後は、少しボールも支配するも、結局はドロー。正直、今日の内容からするとドローはラッキーという感じかも・・・・。

先日の日本代表戦での、本田選手のプレー。ボールを持てば、貪欲にゴールへ向かう。常に、縦への意識が強いからであろう。パスには、前・横・後ろがあるが、どうも、グランパスの選手は、横と後ろへのパスが多い。パスをもらう前の身体の向きの取り方にももう少し工夫がいるようにも思える。前線の選手には、本田選手のようなプレーを期待したいものです。

また、夏に金沢遠征でお世話になった星稜高校に息子さんのいるОさんも観戦に来てくださいました。選手権がんばってもらいたいものです。

Img_4318

Img_4324

Img_4329

« 試合終了1ー1ドロー | トップページ | 鳥栖戦前半31分ゴール »

グランパスユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/49759277

この記事へのトラックバック一覧です: 縦への意識:

« 試合終了1ー1ドロー | トップページ | 鳥栖戦前半31分ゴール »