papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 失点 | トップページ | 有終の美 »

万博公園

ガンバユースとのゲームを観戦に万博公園まで行ってきました。少し早く着いたら、トップのサテライトがファジアーノ岡山とトレーニングマッチをしていました。また、クラブハウス内には、昨年の天皇杯優勝の賞状が・・・・・・。

ジュニアユース時代は、何度か対戦しましたが、ユースでの対戦はありませんでした。

クラ選の決勝で対戦した選手がたくさん残っていました。久しぶりの再戦という感じです。

先発のメンバーは、昨日の四日市中央高校とのゲームと同じ。

始まってすぐに、相手の攻撃に苦戦します。ガンバの攻撃のポイントは、スペースへボールを入れ、そこを基点にしてサイドから攻撃する。中盤は、ドリブルをする場面とパスをつなぐ場面を使い分けるということが徹底されていました。しかも、先発にベストメンバーを使っているのではなく、後半になると全て代える余裕。トレーニングマッチなので、選手を試すという意味あいがあるように感じました。

ゲームは、左から簡単に崩されて失点、その後すぐに右から崩されて失点。その後9番のスルーパスに21番がシュートを決めて1点返すも、すぐに左から持ち込まれて失点。1対3。その後、けが人が2名出てからは、中盤が機能せず、またもや失点。1対4。これで前半終了かと思われたが、17番が中央からうまく抜け出してシュートを決め2対4。前半を終了。

後半、相手は全員メンバーを総入れ替えするも、グラはそのまま。前半よりも、攻勢にでるがなかなか点が取れない。足元へのパスが多く、ボールをとめてから敵対する相手をかわさなければならない。しかし、ショートコーナーからのクロスに2番がヘッドで流しこんで3対4。そして、ゲーム終了。

3本目は、1年生と2年生の混成でのゲーム。しかし、1点を取られて0対1。

ジュニアユース時代の再戦となりましたが、あの時は、グラの方が組織的なサッカーをしていたように思えますが、今はそれが逆転している印象を感じました。失点しても、ベンチからのコーチングも無いトレーニングマッチ。繰り返される失点パターンや、単純なミスパスへの叱咤激励もない。いったい何をトレーニングマッチで得ようとしているのか・・・・・・・。

まだ、新チームが始動したばかりですが、・・・・・???です。

Dsc03001

Dsc03005

Dsc03006

Img_4369

Img_4376 

« 失点 | トップページ | 有終の美 »

グランパスユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/50156520

この記事へのトラックバック一覧です: 万博公園:

« 失点 | トップページ | 有終の美 »