papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 優勝はコンサドーレ | トップページ | プラチナ全国制覇 »

埼玉遠征記

昨年に引き続いて、今年も埼玉のGo for 2014 cupを観戦しに3泊4日のサッカー観戦の旅に行ってきました。

Img_4422

この大会は、今年で4回目です。第1回は原口選手が活躍したレッズが優勝。第2回は、重松選手のFC東京。そして第3回がグランパス。今年優勝すれば2連覇ということなります。どのチームも、3年生が抜けた新チームでの戦いです。言わば、これからのチーム作りの基盤になる大会でもあります。ただ、残念ながらJユースカップの決勝に進んだFC東京は不参加。マリノスも、Bチームでの参戦ということで、少し残念でした。

1日目 

Img_4377

ヴィッセル戦 1-1

ヴィッセルとは、Jユースでも対戦しているのでお互いに残っているメンバーも多いゲームでした。ほぼ、互角という展開。ただ、点が取れる時間帯にしっかりと取っていれば、有利に進めることができたゲームのようにも思えました。

浦和東戦 2-1

グランパスを倒そうという気持ちが相手から感じとれました。球際でも、その相手の気迫に負けていた感じです。しかし、なんとか1点を最後にとって辛勝というゲーム。

2日目

Img_4385

矢板中央戦 4-0

栃木の名門チームとの対戦。前半なかなかリズムがつかめませんでしたが、1点を取ってからは自分たちでゲームを支配することができました。

岐阜工業戦 1-1

疲れからなのか今ひとつ気持ちが入っていないため、パスミスも多く、判断が遅いゲーム。また、ボールは回れどシュートが打てないゲームでした。

3日目

Img_4401

奈良育英戦 5-0

埼玉の人工芝とは違い、堀崎公園のピッチは第2グランドと似ているためかとてもやりやすそうでした。前半、相手のハイプレスに苦しむもののだんだんとペースをつかみ大量得点を重ねていきました。

Img_4412

大宮アルディージャ戦 0-0

相手はやや引き気味でカウンターねらいの戦術に苦しみます。後半は、ほぼハーフコートでのゲームのようで押し込みますが、最後までシュートは決まらず、結局はドロー。

4日目 最終日 準決勝

Img_4453

コンサドーレ戦 2-5

メンバー不足のためか、かなり体力的につらそうでした。前半、1点先制するも、すぐに相手のスピードある選手のドリブルと、2列目からの飛び出しに苦戦して2点を取られます。どの失点も、中盤のパスミスから。取られていけない所で取られてピンチをまねく最悪のパターンでした。それでも、後半が始まって15分ぐらいまではいいリズムで攻め込みますが、シュートはなかなか打たせてもらえませんでした。その後は、またもや自分たちでミスからリズムを失い立て続けに3点取られて完敗。コンサドーレのパワフルでスピードのあるサッカーは脅威でした。今年のコンサドーレは強いです。

3位決定戦

Img_4520

浦和レッズ 4-0

準決勝から1時間30分しかたっていないので、体力的にもきつい中でのゲーム。しかし、いいゲームを展開します。1年生も、やっと自分の力を出し、終始相手を圧倒しました。レッズとは、ジュニアユース時代クラ選で対決していますが、今はまるで別のチームという感じでした。今大会のベストゲームでしょう。

4日間の埼玉遠征でしたが、関東の強豪チームと対戦することができてよかったです。これに、マリノス、FC東京、レイソル等が来年は加わってくるでしょう。

« 優勝はコンサドーレ | トップページ | プラチナ全国制覇 »

グランパスユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/50424641

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉遠征記:

« 優勝はコンサドーレ | トップページ | プラチナ全国制覇 »