papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ビックレイク 遠征記

2日間、野洲フェスティバルの観戦のためにビックレイクへ行ってきました。

プレミアリーグの広島観音戦に勝利したその日に選手は移動し、次の日からこの野洲フェスティバルに参戦しました。トーナメント形式のため、勝利すれば準決勝へ進出です。相手は、セクシーフットボールの野洲高校さん。メンバーは、15名しかいませんから体力勝負の遠征でもあります。

以前にも、対戦したことがありますが、とにかく見ていて楽しい。相手の裏をとるプレーが随所に見られます。ゲームは、グランパスU18がゲームを支配していましたが、決めるチャンスを決めきれず、1対2で敗戦。昨日のプレミア後ということで、やや体のキレがなかったようにも思えましたが。野洲さんは、Bチームだったようです。

Dsc01141Dsc01143

午後からの相手は、山梨学院高校さんに負けた神村学園になりました。ゲームまで少し時間があるので、鮎料理と近江牛のおいしい店へ。その昔、琵琶湖へ遊びに来た時に立ち寄ったことがあった店でした。贅沢なランチになってしまいました。

Dsc01147 Dsc01149Dsc01148Dsc01150

2試合目は、鹿児島の神村学園さん。高校選手権でも有名です。サイドからの攻撃が速いし、よく走るチームでした。このゲームも、苦しみながらも北川選手の2ゴールと足立選手の1ゴールで勝利。1試合目からすると、チームの連携も少しずつ改善されてきていました。ただ、オフサイドにかかるのが多すぎるように思いました。 選手の疲労もあるのか、やや動きが重かったようです。それでも、勝利できたことは明日につながります。

Dsc01157 Dsc01173

夕方までゲームを観戦して、竜王にあるアウトレットへ立ち寄ってから、安土城祉の近くのホテルへ宿泊しました。

1日目の結果から、決勝戦は野洲高校さん対広島皆実高校さんになり、後のチームは交流戦ということになりました。午前は、九州国際さん、午後からは滝川二高さんです。

ホテルからビックレイクに行く途中に、まずは安土城址へ立ち寄りました。その後、走っていると銅鐸博物館なるものが。とってもマイナーですが立ち寄ってみました。入ってみると、竪穴住居や石舞台古墳など、弥生時代へタイムスリップ。とてもよかったです。その後、近くにあるという 野洲高校まで行くことに。乾選手を輩出した高校です。門の正面には、栄光の石碑が。県立ですが、すごいです。

Dsc01179 Dsc01197 Dsc01181 Dsc01187 Dsc01201

さて、交流ゲーム1試合目。相手は九州国際さん。グランパストップの永井選手の母校です。ゲームが始まると、完全にボールを支配。ほぼハーフコートでのゲームでした。昨日よりも、お互いの連携がよくなったようです。特に、森選手が大活躍。ゴール前でも、抜群のテクニックを発揮していました。また、加藤翼選手の久しぶりのゴールもありました。まさしく、完勝というゲームでした。

午後から最終戦は、滝川二高さんとのゲーム。故障した選手もいるため、なかなか苦しいゲームになりましたが、北川選手のゴールで勝利しました。

今回のビックレイク遠征は、1年生と2年生主体で、来年度のチームを構成していく意味合いもあったように感じます。3年生が抜けた後、チームの中心となるのは2年生。先発として出ている1年生に負けないように、ぜひ奮起してもらいたいという願いもコーチの采配から感じました。これから行われる、プレミアとJユースカップに向けてチーム力をあげていくためには、やはりチーム内の競争が必要でしょう。プロになるためには、やはり技術だけでなく、メンタルも重要だと思います。

Dsc01221 Dsc01204

Dsc01225_2

Dsc01245

1ー0勝利

北川ゴール1ー0

加藤翼アウト富田イン

20分経過

変わらない

足立アウト伊藤イン

10分経過

ほぼ互角

後半開始

メンバーチェンジなし

前半終了0ー0


押していたがシュートまでいけない

オフサイド多い

20分経過

風で思うようにパスがつながらず

10分経過

かなり押し気味だがラストパスのていねいさがあれば

滝川第二戦先発

石井 加藤翼 大谷 川本 樫尾 水野 奥山 都竹 森 北川 足立

5ー0勝利


ほぼハーフコートでのゲーム


森ゴール5ー0


抜け出し右足シュート


翼ゴール


左からゴール

久しぶりです


足立アウト北川イン

森ゴール3ー0


樫尾オーバーラップクロス⇒森ボレー


金アウト川本イン

森ゴール 2ー0


水野スルーパス⇒森シュート

伊藤アウト水野イン


後半開始

メンバーチェンジなし


前半終了1ー0


中盤のボールロストが多い

あとオフサイドも取られすぎ

25分経過


変わらない

風強い

迎い風で苦しい


ほぼ森ゴール1ー0


伊藤クロス⇒森シュートこぼれ押し込み


10分経過


ボール支配するもシュートまでいけない

九州国際戦先発

板倉 加藤翼 大谷 奥山 樫尾 富田 金 伊藤 森 足立 都竹


YASUフェ


YASUフェスティバル 交流戦


グランパスユースは、10時35分から九州国際さんと1時45分から滝川第二さんとゲームです。

決勝戦は、野洲対広島皆実です。

なんとか勝利

失点3ー2

石井アウト板倉イン

北川ゴール3ー1


都竹ドリブル クロス⇒北川ゴール

樫尾 曽し アウト加藤翼 奥山イン

足立アウト都竹イン

15分経過

ほぼ互角

後半開始


メンバーチェンジなし

後半開始

前半終了2ー1

前線でキープすることができない

ビルドアップがうまくできない

ボールを奪ってもすぐにロストしてしまう

北川ゴール 2ー1

水野⇒伊藤クロス⇒北川

失点 1ー1

右から持ち込まれシュート

足立ゴール1ー0

伊藤左からクロス足立押し込み

10分経過

シュートミス多い

敗者同士 神村学園戦先発

石井 樫尾 川本 大谷 富田 水野 金 曽し 伊藤 北川 足立

1ー2 敗戦


野洲さんのリズムに合わされたゲーム

板倉アウト石井イン

野洲ゴール 1ー2

右から崩され失点

曽しアウト北川イン

足立ゴール1ー1

加藤翼クロス足立押し込み

金 富田アウト水野川本イン

伊藤アウト森イン

後半開始

メンバーチェンジなし

前半終了0ー1

野洲さんのパス回しが目立つ

グランパスは何もできず

失点


カウンターからクロスを合わされ失点

25分経過


オフサイド多い

15分経過

攻撃できず

パスがつながらず

YASUフェスティバル 野洲戦先発

板倉 樫尾 奥山 大谷 加藤翼 富田 金 伊藤 足立 都竹 曽し

好感度 広島観音高校さん

プレミアリーグ、第13節、グランパスU18対広島観音さんとのゲームをトヨタスポーツセンターで観戦。前節のセレッソ戦の大敗から、どれだけ立ち直れるかがポイントでした。

けが等で、ベストメンバーではありませんが、ぜひともホームで勝利してもらいたいものです。広島観音さんとは、前回の対戦で2対0で勝利をおさめ、連勝のきっかけをつくった相手です。

ゲームが始まると、セレッソ戦とはちがって守備が安定しているためか、パスがよくつながる感じでした。攻撃面では、前節出場していなかった攻撃のキーマンの都竹選手の復帰が大きいと思いました。よく動き、ボールによくからみ、前線からの守備もしてくれます。チームにとっては、ムードメーカーであるとともに、相手にとってはいやな選手でしょう。

前半は、2点でしたが、後半はいろいろな選手が得点を重ね、終わってみれば6対0の大勝でした。ただ、連動した攻撃というよりは、個人技での得点が多いのも事実。受け手と出し手との呼吸が合ってくると、もっと相手を崩した攻撃ができるようにも思えます。

また、1年生は技術的にはすばらしい能力をもっていますが、前線からの守備やボールが無い時の動きの量をもっと増やしてほしいとも思いました。

サンフレッチェがサンガに敗戦。残り後5節、まだチャンスはありますね。

明日からは、「野洲フェスティバル ミズノカップ」に参戦します。明日は、野洲高校さんと神村学園さんか山梨学院さんのどちらかと対戦します。私も、滋賀遠征してきます。

Dsc01106 Dsc01132 Dsc01136

いつもながら、広島観音さんは礼儀正しい好チームです。

ゲーム後のグランパスユースサポーターへのあいさつ、そしてテントの中の整頓されたバックとくつ・・・・・・・いいチームですね。

Dsc01138 Dsc01135 Dsc01139

6ー0勝利

水野華麗なシ

水野華麗なシュートで6ー0

足立ゴール 5ー0

都竹スルーパス足立ゴール

森 石井アウト富田 板倉イン

都竹左足コントロールシュート4ー0

35分経過

変わらない

金アウト大谷イン

北川アウト足立イン

伊藤アウト曽しイン

20分経過

ほぼ互角

森ゴール 3ー0

ゴール前のこぼれ押し込み

10分経過

悪くないが、最後のパスの精度

後半開始

メンバーチェンジなし

前半終了2ー0

なんとか

森シュート ゴール2ー0

北川⇒森

30分経過

リズムやや悪い

コンパクトに

20分経過

変わらない

10分経過

変わらない

北川ゴール1ー0

5分経過

ボール支配するも連動した攻撃できず

プレミア 広島観音戦先発

石井 佐藤 川本 奥山 加藤翼 水野 金 伊藤 森 北川 都竹

忘れましょう。

2日間にかけて、大阪へ観戦を兼ねて行って来ました。

まずは、通天閣のビリケンさんへ。そして、串カツを食べようということで、通天閣の下にある超有名店「だるま」へ。

Dsc01016

Dsc01025 Dsc01012Dsc01023Dsc01024

いつもなら大行列なのに、今日は比較的すいていました。「とにかくうまい」

その後、天王寺動物園へ。

Dsc01029

ここで、おもしろい水を発見。

Dsc01030

大阪の水道局が自信をもってつくった水で、一度のんだら「ほんまや」と感じてくれるという代物だそうです。飲んでみて・・・・・・「ほんまか?」でしたが・・・・。

その後、USJで夜まで楽しみました。午後3時から入ると、チケット代金もやすく、比較的空いていました。スパイダーマン、バックトゥーザフュウチャー、バックドラフト、ジェラシックパーク、ジョーズ、ターミネーターと次々に楽しみ、最後は夜のパレード。

Dsc01051

Dsc01041

そして、その日はベイエリアへ宿泊。

次の日は、午後からのゲームのため、海遊館へ。

Dsc01062

そして、うまいものが食べられる「うまいもん横丁」でたこやきを堪能。

Dsc01070 Dsc01072

ここ「会津屋」は、初めてたこ焼きをこの世に出した店だそうです。

そして、いよいよ堺ナショナルトレーニングセンターへ。

Dsc01078 Dsc01075

Cimg0167

Cimg0166

いよいよセレッソさんとのゲーム。前回の対戦では、何とかドローでした。

ゲームが始まると、とにかく守るだけの展開に追われます。ボール支配は、7対3で完全にセレッソさん。ほぼハーフコートでのゲーム。球際の強さ、点をとるためのFWの裏への飛び出し、勝利への気持ちなど、完全に圧倒されていました。

グランパスU18は、相手のボールを取ることに追われ、せっかくボールを奪っても、前線でボールがキープできず、すぐに守備に奔走する悪い流れ。シュートまでいけない展開。打たないというよりも、打たせてもらえない感じでした。前半は、失点を1点におさえたものの、後半は、まさか、まさかの3失点。リズムが崩れてしまっただけでなく、自分たちのペースをゲームをつくれなかったということでしょうか。最後までボールを追い切る気持ちがやや欠けていたようにも思えました。

もちろん、けがや大学受験等のためにベストメンバーではないですが、だからこそ、出場チャンスを得た選手の奮起を・・・・・・と思ってしまいます。

クラ選で3位になってから、少しチーム力も停滞気味の感じもします。もう一度、リセットしなおすためにも、こういった悪いゲームは、「忘れましょう」

とにかく、厳しい大阪でのゲームでした。

Dsc01079 Dsc01086Dsc01097

Dsc01102 Dsc01103Dsc01104 

完敗

0ー4

30分経過

なす術なし

富田 大谷アウト金 加藤翼イン

失点

0ー3

川村 青山アウト中根 伊藤イン

失点

左から崩され失点

後半開始

メンバーチェンジなし

後半開始

メンバーチェンジなし

前半終了

苦しみながら0ー1

30分経過

相手のリズム

失点

左からクロスに合わされ失点

20分経過

変わらない

10分経過

ボール収まらない

5分経過

相手のボール支配が多い

風強い

プレミア セレッソ戦先発

石井 富田 大谷 川本 佐藤 奥山 水野 青山 北川 森 川村

いざ大阪へ

あさっての日曜日、プレミアリーグの対セレッソ戦が堺ナショナルトレーニングセンターで行われる。

現在、グランパスU18は、セレッソさんと勝ち点と得失点差が同じも、総得点の差で4位。

ぜひとも、ここで勝利をして順位をあげたいところです。メンバーも、けが人や大学受験等でベストとはいえませんが、ここはチーム力でぜひとも勝ち点3をとってもらいたいものです。

せっかくなので、前泊してアウェイツーリズムで大阪を満喫しようと思います。

さて、どこに行こうかな?

リベンジ 東福岡

プレミアリーグの第11節、東福岡高校にグランパスU18は、勝利しました。前回のホームでのリベンジ達成です。得点者は、水野選手。どういった得点かは見ていないのでわかりませんが、しっかりとアウェイで勝利したことがとても大きいですね。

東福岡高校さんは、今日は学園祭だそうで、かなりの観客がいたと思われます。順位的には、ウエストの4位のままですが、勝ち続けることが大切です。

来週の、セレッソ戦にはアウェイツーリズムで、馳せ参じたいと思います。

おまけ

今日の昼食は豊田スタジアムの名店で、ここのそばは絶品です・・・・・。

Dsc01003

Mr.Children in TOYOTA 

今日は、珍しく、サッカー観戦ではなく、Mr.Children のコンサートのために豊田スタジアムへ行きました。

いつもなら、グリーンのピッチが目の前ですが、今日は人で埋まっていました。

とにかく、桜井さんのエネルギーは凄いのひとことです。感動を今日は、もらいました。

さて、グランパスユースは、今日、福岡へ出発しました。残念ながら、今回は、観戦に行けません。ぜひとも、東福岡さんに、勝利を・・・・・・・・と願っています。

前へ進むのみ

プレミアリーグが再開、アビスパさんとのゲームです。場所は、トヨタスポーツセンター。台風の影響で、天然芝から人工芝に変更。

雨と風の降る中でのゲームでした。前半は、ボールがつながらない展開。けが等でベストメンバーではないですが、パスミスが多い感じでした。出し手と受け手の呼吸が合っていなかったという感じでした。アビスパさんの攻撃も何とかしのいで前半を0対0。

後半になると、ハーフタイムの指示なのか、サイドからの攻撃と縦への意識が改善され、立て続けに2点を取ります。

1点目は、左から都竹選手が上手くボールを受けて、そのまま抜け出して、珍しく右足でのシュートを振りぬきます。ジュニア時代から見てますが、右足で決めたシュートは少ないはずです。2点目は、右からの富田選手のクロスに森選手が上手く当ててゴール。上手いプレーでした。その後、チャンスが増えますが、やや守る意識が働いたのか危ない場面を迎えますが、守護神の伊藤選手の安定したセーブで見事勝利をおさめました。

思えば、プレミアの開幕戦で、このアビスパさんに逆転負けをしてから、やや歯車が狂ってしまった感があります。きっちりとリベンジしたので、ここからは前進あるのみでしょう。

残りを全勝すれば、ウエストリーグ優勝もあり得ますね。

Dsc00985 Dsc00991 Dsc00992 Dsc00994Dsc00995Dsc01001   

勝利

都竹アウト樫尾イン

大谷アウト

青山イン

森アウト川村イン

北川アウト伊藤イン

20分経過

やや守る気持ちが出て相手のチャンスが多い

10分経過

リードしてリズム感が出てきた

森ゴール2ー0

右から富田クロスに合わせて森ゴール

後都竹ゴール1ー0


左から抜け出し右足シュート

後半開始

メンバーチェンジなし

前半終了

やや優勢だが、ラストパスの精度とタイミングのズレを修正

30分経過


シュートを打て

20分経過


変わらない

パスがつながらず

10分経過

互角

雨と風で厳しいゲーム

プレミア アビスパ福岡戦 先発

伊藤 富田 大谷 川本 佐藤 奥山 水野 森 北川 都竹 高原

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »