papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2-2ドロー | トップページ | 最後の大会 »

好ゲーム

プレミアリーグ、グランパスU18対京都サンガユースとのゲームをスポーツセンターで観戦。

前回のアウェイでの対戦は、0対0のドロー。ぜひホームで勝利したいゲーム。

前半はグランパスのペース。3分に、左から都竹選手が上手くシュートをして先制すると、ボールを支配します。追加点が取れるチャンスがあったのですが、決められず徐々に相手が優位に。

サンガの選手のフィジカルは、グランパスの選手よりも上。球際も強く、身体のあたりも強い。スカラーアスリートプロジェクトで全員が寮生活で、しっかりとした食事と筋力トレーニングの成果なのか、体幹がしっかりしている印象。年代別代表が多いのもうなづけます。結果が出始めている感じです。

前半の終わり頃になると、暑さもあるのか。相手の走りが優り、グランパスの選手はミスを誘発。39分と40分に立て続けに失点をし、リードされて前半を終了。

後半になると、相手の猛攻にあい、守備に奔走する時間ばかり。完全に相手のペースになってしまいますが、79分に途中出場の足立選手が水野選手の縦パスに反応して、GKの頭をこえたループシュートで同点とします。その後は、グランパスペースになりますが、結局はまたもや2対2のドローとなりました。

ゲームとしては、お互いにハイレベルなゲーム内容で、一進一退の好ゲームでした。

グランパスとしては、やはり攻撃が大きな課題でしょうか。前線でのボールキープをする選手がいることで、中盤からの押し上げや飛び出しが生きてくるのですが、それが上手くできません。

ここまでのプレミアリーグで、得点が28点、失点が18点。首位のサンフレさんは、得点が47点、失点が14点。かなりの差があります。

今月末から、Jユースカップの予選リーグが始まります。3年生にとっては、最後の大会です。もう一度、いい流れを期待したいものです。

Dsc01260 Dsc01261Dsc01262 Dsc01267 Dsc01268 Dsc01297 Dsc01300 Dsc01306 

« 2-2ドロー | トップページ | 最後の大会 »

グランパスユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/53007338

この記事へのトラックバック一覧です: 好ゲーム:

« 2-2ドロー | トップページ | 最後の大会 »