papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 再びのキンチョウの歓喜ならず | トップページ | 阪南大優勝 3ー1 »

半年ぶりのキンチョウ



総理大臣杯の準決勝、早稲田大学対阪南大学とのゲームを観戦しに、大阪まで行って来ました。

準決勝の場所は、昨年、Jユースで歓喜の瞬間を味わったキンチョウスタジアムです。半年前が本当に懐かしく感じられました。

となりの長居スタジアムでは、Jリーグのセレッソ対アントラーズが行われるため、たくさんの人がいました。

阪南大学は、現在関西リーグでトップのチームです。グランパスユース出身の本多選手と足立選手がいます。

ゲームは、阪南大学のホームの利を前半から発揮します。ホテル泊りの早稲田に対して、いつも通りの阪南大学。コンディションの差は歴然でした。

前半は、ほぼ阪南が押し込む展開。サイド攻撃、ポゼッションもよく完全に早稲田は守勢にまわっていました。特に、左サイドの11番のアジリティーのある緩急のドリブルに苦しんでいました。前半、阪南大が1点をリードして終えます。

後半になると、早稲田大も反撃に出ます。特に、近藤貴選手の右からの攻撃がさえわたります。そして、その近藤貴選手のチャンスメイクで、エースの富山選手が同点ゴールをつきさします。これで、完全にペースをつかんだ早稲田は、再三の決定機を迎えますが、相手のファインプレーによって、勝ち越しゴールを決められません。そして、延長戦へ。

延長後半、左サイドの攻撃のミスから、ボールをロストするとカウンターで持ち込まれ1点を失います。その後も、反撃をしますがタイムアップ。総理大臣杯は、3位という結果で終えてしまいます。

わが息子は、ベンチ入りはしましたが出場はできませんでしたが、、チームの勝利に向けて少しは貢献できたように思います。

昨年、歓喜を味わったキンチョウのピッチではありましたが、何となくせつなさを感じた大阪の夜でした。

来年こそ、歓喜をとなりの長居スタジアムで・・・・・・・。

Dsc04046Dsc04052Dsc04049Dsc04064Dsc04079Dsc04088Dsc04112Dsc04116Dsc04118Dsc04018Dsc04017Dsc04035_2Dsc04042


大阪を、またまた、満喫しました。






























« 再びのキンチョウの歓喜ならず | トップページ | 阪南大優勝 3ー1 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/55198532

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりのキンチョウ:

« 再びのキンチョウの歓喜ならず | トップページ | 阪南大優勝 3ー1 »