papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 敗戦に近いドロー | トップページ | 痛恨の2つのドローゲーム »

駒沢 & 小机 

昨日は、関東大学リーグ、早稲田大対筑波大のゲームを観戦に、駒沢陸上競技場へ。

駒沢競技場がある駒沢公園は、私が幼少時によく家族で遊びに来た思い出の場所でもあります。

駒沢に着くと、ものすごい人と車。

何かのイベントがあると思ったら、「東京ラーメンショウ2012」が開催されていました。しかも、競技場の横で。全国から有名なラーメン店が40も来ていました。少し時間があったので、信州の幻の王様中華そばと富山のシロエビラーメンを堪能。

本当にものすごくうまかったです。

その後は、いよいよゲームへ。早稲田と筑波は、いつも激闘を演じています。今回も、接戦でした。前半、早稲田がPKで得点するも、後半になると筑波もPKで同点に。しかし、近藤洋選手のシュート性のクロスが、相手ゴールキーパーがはじいてバーに当たって跳ね返ったところを、榎本選手が蹴り込んで逆転勝利をおさめました。

その後行われた専修大対日本体育大が引き分けたために、早稲田大は2位に浮上。自力での優勝もできます。残りの、流通経済大、専修大、日体大との対戦を制すればですが。

息子も、右サイドバックで勝利に貢献できました。特に、1点目は、息子のロングフィードからのパスが起点となりPKをもらいました。

一泊して、次の日は小机で行われるJユースカップ予選、グランパスU18対横浜FCユースのゲームを観戦して帰ることにしました。

ゲームは、とにかく横浜FCの俊足フォワードに振り回せる展開でした。ドリブルとショートパスを織り交ぜた攻撃は脅威でした。昨年も対戦しましたが、いいチームに仕上がってます。今年の横浜FCさんは、上位進出もありでしょう。

グランパスは、バイタルエリアでの攻撃のバリエーションがやや不足しているようでした。得点力のある森選手と北川選手に、中盤やサイドから決定的なパスを出せる選手(昨年の水野選手や都竹選手のような)がいれば・・・・・・。

正直、ニッキ選手の退場が次節痛いですが、何とかJユース2連覇を目指してほしいものです。

« 敗戦に近いドロー | トップページ | 痛恨の2つのドローゲーム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/56044013

この記事へのトラックバック一覧です: 駒沢 & 小机 :

« 敗戦に近いドロー | トップページ | 痛恨の2つのドローゲーム »