papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 駒沢 & 小机  | トップページ | セカンド対ユース »

痛恨の2つのドローゲーム

関東リーグの観戦ではなく、近場のグランパスU18対ジュビロユースのゲームを観戦しに行きました。この一戦は、どちらも決勝トーナメント進出がかかっています。得失点差の関係で、ジュビロはドロー以上、グランパスは勝利しか道はありません。

あいにくの雨の中でのゲーム。前半は、主導権を、グランパスが取ります。前半、北川選手がPKを得て、自ら決めて先制。その後、左から桜井⇒森⇒北川と3人がからんで2点目。かなり有利な展開となります。ジュビロは、攻撃もシンプルなため比較的、守りやすかったようです。

しかし、サッカーでは2点差というのは、一番危険と言われているように、後半になるとジュビロがいいリズムで主導権を握ります。フリーキックから1点返すと、またもやコーナーキックから同点にします。グランパスの守備がやや気落ちしている感もありました。前節の横浜FC戦でも、後半失点してしまい敗戦してしまいました。

途中からメンバーチェンジをして攻撃を活性化しますが、時すでに遅し、痛いドローとなり、Jユースカップは予選リーグ敗退となってしまいました。

昨年は、勝てなかった相手に次々にリベンジして、初優勝を飾りましたが、チームが勝利するためには、やはりいい流れをつかむことが大切だったように思います。

1、2年生が多いチームなので、ぜひともこの悔しさを来年につなげてほしいものです。

さて、わが息子の早稲田も、流経大に2対2のドロー。先制されて、なんとか追いつき、逆転したのに、ロスタイムに追いつかれたようです。勝ち点3を取っていれば、次節、現在首位の専修大との直接対決で優勝の可能性もあったのですが・・・・・。

とにかく、関東で4位以内に入り、インカレの出場枠を確保してほしいものです。

最終節まで、もつれそうです・・・・・・・・・・・・。

« 駒沢 & 小机  | トップページ | セカンド対ユース »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187189/56090693

この記事へのトラックバック一覧です: 痛恨の2つのドローゲーム:

« 駒沢 & 小机  | トップページ | セカンド対ユース »