papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

3バックなのかな?

来週開幕するJリーグに向けてのトレーニングマッチ、グランパストップ対松本山雅のゲームをスポーツセンターまで観戦してきました。非常に寒く、時々強風の吹く中でのゲームでしたが、多くのファンで一杯でした。

先発のメンバーが開幕のスタメンなのでしょうか。3バックがまだ機能しているようには感じませんでしたが、田中隼磨と玉田、藤本がいい動きをしていました。ヤキモフスキーも好印象でした。再三精度のあるクロスがありました。しかし、ゲーム自体はかなり不安の残るものでした。特に、相手のカウンターをくらった時の守備の甘さが目立ったようです。守備的なボランチが必要なのですが、ダニルソンも不在のため苦しかったようです。

高原、佐藤、水野選手は残念ながら出場しませんでした。残念です。彼らにもチャンスを与えてくれればポテンシャルはあるのですが・・・・・・。若い選手を使う勇気と決断を指揮官にももってもらいたいとも思いました。

Dsc05563

Dsc05568

いよいよ来週は開幕です。

豊スタです。

PS 昨夜、グランパスユース時代の親による女子会なるものがあったようです。今度、3選手の誰かがJリーグデビューした際には、男子会を開催したいですね。

東京小旅行

東京学芸大学と中央大学とのトレーニングマッチがあるということで、東京小旅行を敢行しました。早稲田は、チームが始動したばかりのため、全員が一本ずつゲームに出るという感じです。一本目が、現時点でのAチームレギュラークラス、2本目がAサブ、3本目がBチーム、4本目がBチームと練習生という感じです。

練習生は、たくさん参加していましたが、ランテストをクリアしなければ、入部が認められないそうです。

行く途中の時間を利用して、ジブリ美術館へ。前回は、チケットが取れず入れませんでしたが、今回はゲットしての入館でした。童心にかえった感じでした。

Dsc05522

Dsc05521

東京学芸大学とのゲームは、関東選抜Bに選ばれた選手は、強化試合のためいませんでした。学芸大学は、今季から2部での戦いになりますが、やっているサッカーはボールをつなぐ楽しそうなサッカーでした。

早稲田も、今年のチームは、ボールを回す意識が高いチームに感じました。特に、キャプテンの中田選手のゲーム中の修正点を指摘する姿が印象的でした。わが息子も、今はセンターバックで起用されています。相方は、金澤選手。マリノスユースでキャプテンをしていた選手で、上背はないもののヘディングは高い打点で打ち返す能力があります。早稲田は、ユース時代にキャプテンをしていた選手がたくさんいます。

ゲームは、まだ始動したばかりで、連携面はまだまだという感じでした。来週から始まる合宿で、それぞれのアピールしてチームとしてのまとまりをつくっていくんだと思います。

また、練習生にも逸材がいます。下からの押し上げと、チーム内の競争意識がチームレベルを上げていくはずでしょう。

Dsc05539
Dsc05538
翌日は、中央大とのゲームを観戦。中央大は、フィジカルがかなり強いチームです。ただ、まだまだこれからという感じでした。

帰り道、ゲゲゲの女房で一躍有名になった、調布の深大寺へ。ここには、20軒以上の蕎麦屋があります。どこに入るか迷いましたが、どこも行列ができていました。結局、「深水庵」という蕎麦屋で、1時間ぐらい待って蕎麦を堪能。

Dsc05547


Dsc05555



Dsc05549

美味しかったです。今度行く時は、違う蕎麦屋へ行きたいと思います。








始動

今日は、グランパスU18対草津東とのジャパンユースサッカーをスポーツセンターまで観戦。私の観戦活動の始動の日です。息子も、今日から始動のようです。昨年も、グランパスU18のゲームを何試合か観戦しましたが、近場での観戦です。

ゲームは、やはりまだまだ始まったばかりで、これからという感じですが、攻撃のタレントは人材豊富という感じがしました。1人で打開できる選手がとにかく多い。経験豊富な北川選手や昨年から出ているパワフルな桜井選手、そして、期待のルーキー杉森選手と・・・・・。

やはり、このチームも昨年と同様に、いかに守備を強化するかということかもしれません。安定したゲームをするためには、守備こそ大切です。守備力の強化ができてこそ結果もついてくるように思いました。

ジュニアユース時代に高円宮を制した選手が、ユース最終学年を迎える今季こそ、三冠という歴史をつくる幕開けかもしれませんね。

今年も、グランパスU18のゲーム、そして関東大学リーグのゲームと、まだまだパパぐらんは馳せ参じます。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »