papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

前期終了

関東大学リーグ前期最終戦、国士舘大学対早稲田大学のゲームを西が丘で観戦してきました。

国士舘は、最下位ですが、ボールをよくつなぐチームです。ただ、攻守の切り替えでは、早稲田が優っている感じがしました。

Dsc06092Dsc06096Dsc06108Dsc06129

ゲームは、早稲田が2点を取ってリードするも、フリーキックから失点して2対1で何とか勝利しました。得点チャンスは、何度もあったのですが、決定力が今ひとつでした。失点は、全チームで最少失点なので、あとは点を取れる時に取ってくれれば・・・・・と思います。

守備では、マリノスユース出身の金沢選手と息子のチビッ子CBコンビですが、GKの松澤選手、右サイドバックの八角選手、左サイドバック(湘南ベルマーレ入り)の三竿選手でしっかりとしたバックラインを形成しています。もちろん、ボランチの池西選手と小松選手の、運動量に助けられていますが。

開幕前は、今年は降格候補とも言われたチームが、2位につけています。もちろん、専修や中央との上位対決が後期に回ってはいますが、よく戦っているようにも思います。

来週からは、総理大臣杯の出場権をかけた、アミノバイタルカップが始まります。昨年のアミノバイタルの覇者としての闘いに期待したいと思います。







セカンドVSユース


今日は、グランパストップのセカンドチームとグランパスU18がゲームをするということで、久しぶりにスポーツセンターに行ってきました。

思えば、息子がユースの時も対戦させてもらいましたが、ユースはアッピールのチャンスですが、プロ側は・・・・・・・・。

ゲームは、パスで組み立てるユースに対して、やや戦術らしきものがないプロ集団という印象でした。1人1人の力は、プロはあるのに上手くかみ合っていないという感じでしょうか。

ユースの中では、北川選手と青山選手、杉森選手の攻撃力が際立っていました。特に、杉森選手は、ボールコントロールだけでなく、トラップからのボールの置き所がいいため、次のプレーに入るのが速い。将来が楽しみです。

Dsc06043Dsc06049

エル ゴラッソ

Dsc05961

Dsc05962

Dsc05979Dsc06003

関東大学リーグ、明治大学対早稲田大学のゲームを西が丘まで観戦してきました。早稲田は、2連勝中ですが、明治にはなかなか勝てません。昨年のリーグ戦では、前期も後期も敗戦。総理大臣杯の出場をかけたゲームで明治に延長戦の末勝利するのがやっとでした。

ゲームが始まると、圧倒的に明治がボールを支配します。ただ、早稲田も全員でプレスをかけ、スペースを与えません。拮抗したゲームで先制したのは、押され気味の早稲田でした。中盤でボールをカットして、前線の上形選手がシュートを決めます。しかし、後半開始30秒で、サイドからのクロスに対応が遅れ、ゴール前でフリーな選手に決められて失点。

その後は、一進一退のゲームでした。このままドローかと思われたロスタイム。フリーキックから近藤選手からボールを受けた池西選手が、スーパーゴールを決めます。アウト気味に飛んでいったボールは、見事ゴールネットに突き刺さりました。まさに、エルゴラッソ「ファンタステックなゴール」でした。

真夏のような西が丘での観戦でしたが、観客数は1500人もいました。関東大学リーグへの関心度の高さですかね。

また、このゲームでは、グランパスユースOBの競演にもなりました。明治の矢田選手。相変わらずの左足のトラップとキックは秀逸でした。早稲田の近藤選手は、今や早稲田のチャンスメーカー。奥山選手は、上背はないものの決定機を防ぐ地味な活躍。それぞれ西が丘のピッチで、個性を発揮してくれました。

やはり、見に行った甲斐がありました。







行けば良かった

連休中は、関東大学リーグの観戦に行かず、愛知学生サッカー選手権大会の決勝を観戦しに豊田市運動公園へ。

中京大学対愛知学院大学。どちらのチームにもグランパスOBがいます。中京大には、石井選手と加藤翼選手、渕上選手。愛知学院大学には、真柄選手。

中京がシンプルなサッカーで3対0で勝利しましたが、愛知学院大も、つなぐサッカーをしていました。ストライカーがいれば・・・・・・・・。

連休最終日は、豊田スタジアムのグランパストップ対ベガルタ戦へ。こちらは、何ともちぐはぐなサッカー。点が入る予感がしませんでした。やはり、もっと粋のいい若手を使ってほしいものです。確かに、ベテランには経験がありますが、サッカーは年を重ねるごとに、アグレッシブさがなくなっていきます。ドリブルにしても、縦へしかけるのはやはり若さがいります。

今のサッカーでは・・・・・・・・・。

FC岐阜に期限付き移籍した水野選手も、チームにフィットし始めて先発し始めています。長良川に行きたいものです。

さて、関東リーグでは、早稲田は流通経済大と東洋大に連勝して、2位に浮上しました。息子も、失点0に貢献したようです。渋滞を覚悟で行けばよかったと後悔してます。

来週は、明治大との対戦です。西が丘に馳せ参じます。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »