papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013 気まぐれ観戦

2013年も、国立競技場の天皇杯の観戦からスタートしました。レイソル対ガンバの闘いは、見事にレイソルが勝利。

高校サッカーは、ニッパツの桐光学園対四日市中央高校を観戦。そして、インカレの決勝戦へ。しかも、早稲田大学は見事にチャンピオンに。正直できすぎでした。

2月は、ジャパンユースサッカーのグランパスU18のゲームを観戦。攻撃のタレントの多さにわくわくしました。関東へは、早稲田大対東京学芸大、中央大のトレーニングマッチを観戦。そして、グランパストップのトレーニングマッチの松本山雅戦を観戦。それぞれの仕上がり具合をチェックした感じでした。

3月は、グランパスセカンド対ジュビロのゲームを観戦。かのカリスマピクシーが練習生と称して息子を使うという、親バカ采配にはあきれました。そして、神戸ユニバーへ。早関サッカー定期戦の観戦へ。ゲームは、小幡選手の活躍もあって、関東学院大が勝利しました。尾上さんともお会いできました。また、豊田スタジアムで行われた明治大対中京大のゲームを観戦。矢田選手や石井選手、加藤翼選手のすばらしいプレーを見ました。関東へは、東京農大と駒澤大のトレーニンマッチを観戦しに行きました。

4月から関東大学前期リーグが開幕。西が丘の開会式の翌日、夢の島競技場での初戦の順天堂大戦へ。強風の中でのゲームでしたが、敗戦。スタートが心配されました。その後の、横浜桐蔭大ともドローでした。

5月は、愛知学生サッカー選手権決勝、中京大対愛知学院大学のゲームを観戦。関東へは、明治大戦を観戦しに西が丘まで。池西選手の、スーパーミラクルシュートで勝利しました。また、国士舘大戦も、見事に勝利しました。グランパスセカンド対グランパスU18のゲームも観戦。そして、水野選手のFC岐阜へのレンタルが発表されました。

6月は、早慶戦の観戦に国立競技場へ。見事2対0で勝利。最後の国立での早慶戦を制覇することができました。

7月は、プレミアリーグのグランパスU18対ヴィッセルユースのゲームを観戦。守備が機能せず完敗でした。また、グランパスセカンド対中京大のゲームも観戦。プロが大学生に完敗してしまいました。7月の終わりには、グラ女子会にお父さん連中も参加させていただきました。

8月は、豊田国際ユースの観戦と、総理大臣杯の観戦のために、大阪の長居へ。念願叶って、中京大との対戦。ゲームは、延長、そしてPK戦へ。中京大が勝利しました。ただ、見ている私は、不思議とどちらが勝ってもいいと思っていました。

9月は、プレミアリーグのサンフレッチェ戦へ。いいサッカーを展開して、見事に勝利。この調子なら、Jユースも期待できると思いました。また、矢田選手のグランパスへの加入が決定しました、昨年の本多選手に続いています。

10月は、関東リーグの国士舘大戦と日本体育大戦へ。何とか勝ち点を重ね、逆転優勝への望みをつないでくれました。グランパスU18のJユースの闘いは、残念ながらグループリーグ敗退。期待された世代だったのですが、結果が出なくて残念でした。

11月は、またまた関東へ。江戸川競技場での明治大戦はドロー。そして、最終戦の西が丘での専修大戦は、敗戦。結局、2位でリーグを終えました。

12月は、全日本大学選抜の選考合宿の観戦へ。明治大の神川さんが選んだ選手が中心でした。関西学院大の呉屋選手と大阪体育大の澤上選手が特に目立っていました。これからまだまだ多くの選手がピックアップされていくんだと思います。そして、インカレ。しかし、早稲田は、初戦で関西学院大に敗戦。小幡選手のドリブルと呉屋選手の決定力にやられたようです。

今年1年、大学サッカーをやはり多く観戦しました。それぞれのカテゴリーによってサッカーのスタイルは違いますが、やはり、いくらボールを回しても点が取れないサッカースタイルは勝てない。そして、守備が安定してこそチーム力は上がってくるということを改めて思いました。

でも、私的には、やはりジュニアユース時代に見たあの大我サッカーこそ、サッカーの楽しさ、本当に勝利をつかむために考え抜かれたサッカースタイルなんだと・・・・・・・・・・。

どうぞ良いお歳を・・・・・・・・・・。

インカレ決勝 国士舘と大阪体育大

インカレの準決勝が行われました。残念ながら、早稲田は2回戦で関西学院大学に敗戦したため、今年は関東への遠征はなくなってしまいました。

昨年の年末は、東京の西が丘で、インカレの鹿屋体育大との準決勝を観戦。一昨年は、大阪のキンチョウスタジアムでJユースカップの準決勝と決勝を観戦し、2年連続の、クリスマスプレゼントでしたが、今年はサンタは来ませんでした。

専修大学と大阪体育大学の準決勝は、事実上の決勝戦だったかもしれません。得点力のある専修と攻守のバランスのとれた大阪体大。競り勝ったのは、大阪体大でした。鹿屋体育大学と国士舘大学の準決勝は、後期の関東リーグで断トツの力を発揮した国士舘が勝利。

最後の国立の決勝戦は、関西リーグ1位の大阪体育大学と関東リーグ後期のチャンピオンの国士舘大学になりました。

BS朝日でライブ中継があるようです。25日、3時~。

昨年の大会では、早稲田はチャンピオンに輝きましたが、今年は屈辱の初戦敗退。しかし、来季に向けて、もう練習が再開されているようです。

今年も、関東には多く車を走らせました。来年こそ、またクリスマスプレゼントがくることを願いましょう。

インカレ開幕

いよいよインカレがスタート。早稲田は、18日に、2回戦で関西学院大学と広島修道大の勝者と対戦します。
昨年は、あれよあれよと勝ち進んで、見事優勝という快挙を成し遂げましたが。

今年のチームは、点が取れないのが不安材料ですかね。

関西学院大学ならば、関西リーグアシスト王の小幡選手とマッチアップできます。もし、勝ち進めば、中京大の石井選手、加藤選手、川村選手。あるいは、鹿屋体育大の福田選手ともマッチアップできます。

どうなるのか。グランパスユースOB対決もいいですね。

カリスマなのか?

Dsc07320Dsc07327

Dsc07328

Dsc07329

Dsc07330

Dsc07332

ピクシーは、グランパスのカリスマでしたが、それは選手としてですね。

監督としてはカリスマ性はありませんでした。

今年、観戦した豊田スタジアムのゲームは、10試合。ユニフォーム型クリップがその証拠です。
Dsc07333

こんな記事がありました。息子たちがユース時代にピクシーが指導(?)したという記事です。来季に入団する矢田選手のコメントが・・・・・。

Dsc07334

それでも、来季のスタジアムチケットを予約してきました。来季こそ、ユース出身者がピッチで見れますように・・・・・と願いをこめて。



















« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »