papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

グランパスユースOB対決

土曜日には、豊田スタジアムでグランパスユースOB選手の対決がありましたが、その翌日にも、大学での対決が実現しました。
関東大学リーグ、早稲田大対筑波大のゲームを観戦しに、平塚のBМWスタジアムへ行ってきました。グランパスユースOBが、早稲田には、近藤選手と奥山選手、筑波には、岸選手と北川選手がいます。
残念ながら、岸選手と北川選手は、サブでした。

Dsc08301

Dsc08304
Dsc08328
Dsc08317
奥山選手と岸選手。
ユース時代は、2人でCBを組んでいました。
Dsc08321
北川選手と奥山選手。
ユース時代は、点取り屋と守備的ボランチでした。
Dsc08316
Dsc08312
ウォーミングアップ中の、北川選手と岸選手。
Dsc08309
ゲームは、ポゼッションの筑波対堅守速攻の早稲田のゲームでした。ボール支配率は、筑波が80パーセントあったぐらいです。筑波は、ショートパスとダイレクトパスを使ったゲーム展開ですが、遅攻が主体のため、ブロックをつくった早稲田の守備を崩せませんでした。
ゲーム内容では、筑波でしたが、ワンチャンスをものにしたのは早稲田でした。後半、近藤洋選手のパスを受けた上形選手が、上手く蹴り込んで、虎の子の1点を取り、そのままタイムアップでした。
この結果、首位専修大とのゲーム差を縮めることができました。前期の最終節は、その専修とマッチアップします。
平塚のBМWには、こんな石碑が・・・・・・。懐かしい。
Dsc08299
せっかくなので、近くを散策。サザンが似合う江の島。
Dsc08285
テレビドラマでブームな、江ノ電の極楽寺駅。
Dsc08270

暑い 味の素スタジアム西

関東大学リーグの観戦のため、味の素スタジアム西競技場まで行ってきました。

関東大学リーグの前期も、あと残すところ3試合です。現在、早稲田大学は5位。優勝するためには、必ず勝ち点3が欲しいゲームです。
せっかくなので、早めに会場入りして、明治大対中央大戦を観戦。終始、明治のペースでしたが、後半の終了間際に、中央大の選手が起死回生のオーバーヘッドでの同点にもちこみ、そのままドローとなりました。
Dsc08205
2試合目が始まる頃には、日差しは凄まじくなり、まさに真夏日。
Dsc08208
前半は、早稲田が圧倒します。ボールへの寄せも速く、完全にペースをにぎっていました。
近藤洋選手のコーナーキックを田中選手がヘッドして先制すると、圧巻は2点目。左サイドから堀田選手がすばらしいドリブルで突破し、中央へクロス。そのボールに反応したのは、宮本選手。見事なシュートを決めます。完全な崩しからの得点でした。
Dsc08219
しかし、後半になると、前半飛ばし過ぎたつけなのか、国士舘がペースをつかみます。早稲田は、ボールがつながらない展開。そして、失点。悪い流れになりかけますが、それを救ったのは、近藤貴選手でした。右からの新井選手のクロスボールに、うまくあわせて3点目。これで、勝負ありのゴールでした。
Dsc08224
早稲田の伝統なのか、礼儀正しい面が出ています。
Dsc08239
会場には、国士舘大の川本拓也選手も、あいさつに来てくれました。グランパスユース時代の元祖「タクヤ」も早稲田のたくやに負けないでくださいね。
対戦する日を心待ちにしてます。
Dsc08241
Dsc08238
Dsc08227
おまけ
Dsc08202
Dsc08203
Dsc08204
来週は、筑波大とのゲームです。北川選手と岸選手と対戦できるといいですね。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »