papagramI

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

日本代表関係

U16日本代表

今日は、豊田市運動公園で、U16日本代表とグランパスユースAがトレーニングマッチをやるということで見に行きました。
残念ながら、所用のため、後半からしか見れませんでした。

前半終了時点で、6ー1とグランパスが大量リード。

後半を見ても、代表は、どんなサッカーをしたいのかよくわかりませんでした。

まだ召集したばかりなので、これからかもしれませんが。

それにしても、今年の代表は、小さい選手が多いように感じます。

グランパスユースは、いいチームになってきていますね。クラ選を終えて、プレミアムにまずは照準を合わせて欲しいものです。

昨年のチームも、後半からチームの完成度が上がりました。夏の経験が、チームを強くすると思います。

速攻対ポゼッション

昨日の関東大学リーグは、1ゲーム目は、国士舘大学対中央大学。

中央の好調さが出たゲームでした。追いつかれても、最後は点を決めて勝利することのできるチームは、やはり実力のある証でしょう。

2ゲーム目の早稲田大学対専修大学のゲームは、サッカースタイルが好対照でした。
ショートパスとドリブルを組み合わせた専修大学、ボールを奪ったら前線にすぐにフィード。速く攻めることを意識している早稲田大学。

どちらにも魅力がありますが、個の力だけに頼っていると、その選手が出れない時が苦しいようにも思います。

スタンドには、ジュニアユース時代とユース時代の仲間の顔もありました。

来週は、出場停止や学校の行事の関係で、出れない選手が早稲田にはいるようです。

厳しい戦い、慶応大学との対戦です。

また、東海では、中京大学が総理大臣杯出場の決めてようです。

関東を勝ち抜くのは、なかなか厳しいです。

金を返せ

昨日は、豊スタへ。日本代表対ウズベキスタン代表戦です。

しかし、見ての通り散々な結果。ゲームに出ていない海外組を使い続け、闘う意識のない選手に頼り、ミスパスの連続。勝てる要素はありませんでしたね。

確かに、ウズベキスタンは日本を研究していました。攻撃の起点の遠藤を抑えることが徹底していました。しかも、ウズベキスタンの選手はフィジカルも強く、テクニックもありました。

会場が豊スタでよかったですが、これが埼玉や横浜だったら、金を返してほしいですね。

これで、最終予選ではオーストラリアか韓国のどちらんと対戦しなければならなくなりました。

苦しい、しかも絶対に負けられない戦いの始まりです。

Dsc02582 Dsc02590Dsc02603 Dsc02605 

さて、今週末は息子を関東の大学まで荷物をもって連れていきます。いよいよ大学サッカーへの挑戦が始まります。しかも、その次の週にはTコーチの率いるジェフユースとのゲームも組まれているようです。見たいですが、東京までは遠いですね。

(゚.゚)うーん

微妙です。

何がしたいのかな?

ほまれ高い

(◎´∀`)ノ(v^ー゜)ヤッタネ!!今朝は、早起きをしてワールドカップの決勝をライブ観戦しました。

正直、アメリカに勝てるとは思いませんでした。フィジカルの差を、組織力で埋めていた感じです。個々の能力を上手くかみ合わせた、佐々木監督の指導力でしょう。

はるか昔、豊田市の運動公園で行われたLリーグのゲームのお手伝いに行ったことがありますが、パススピードの遅さと連動した動きの少なさに男子との差を感じました。

世界の頂点に立って追われる立場になったのですから、これからが大変ですが、サッカーの歴史をつくったなでしこジャパンはきっとこれからも進歩していくことでしょう。

ほまれ高き、なでしこジャパンに大拍手です。paperpaper

さて、いよいよ来週の土曜日からクラ選が始まります。場所は、群馬県前橋市周辺。気温が非常に高く、かなりの悪条件でのゲームになりますが、昨年のようにぜひニッパツまで連れてってほしいものです。

初戦は、鳥栖、2戦目が昨年高円宮で敗戦した三菱養和、そして3戦目がジュニアユース時代のクラ選決勝の相手、ガンバです。

やはり、初戦を勝利することが一番重要でしょうか。本田選手曰く、「いい準備をする」ことでしょうか。

快挙

やりました。なでしこジャパン。

頂点も見えました。

男子も頑張らないと………………\(^o^)/

テコ入れ

今日は、豊スタで行われたU22日本代表対U22クェート代表のゲームを観戦しに行きました。購入したチケットは、カテゴリー2でしたが、前から4列目ということで、まさにピッチサイドでの観戦でした。

ゲームは、前半はほとんど日本がボールを支配しましたが、後半は相手が攻勢に出る時間が多いゲームでした。3対1で勝利はしましたが、現メンバーでは本大会では勝てないように感じました。この年代には、香川選手、宇佐美選手、そして宮市選手も入る資格があります。

今後、テコ入れをしながら修正していくのではと・・・・・・思いますが。

目立っていたのは、キャプテンの山村選手。フィジカルも強く、危険察知能力とパスのセンスもいい。来季のJでは即戦力でしょう。

さて、今日は、グラジュニアが全国大会行きを決めました。2年ぶりということですね。

また、関東のクラ選予選では、ジェフとマリノスがグループリーグ敗退。養和は、9位決定戦に回るようです。確定は、レッズ、ヴェルディ、アルディージャ、アントラーズ、フロンターレ、FC東京、レイソル、横浜FC。関東のレベルの高さを感じます。

3 4 3

日本代表は、チェコと引き分け。正直、打倒な結果だと思う。チェコは、ヨーロッパでは強豪国。そう簡単に勝てる相手ではない。

日本のシステムは、3 4 3の攻撃なスタイル。ザックがミランで使っていたシステム。守備では、サイドの選手が重要。攻撃に厚みが出る反面、攻撃された時にサイドにスペースが生まれる。

今日のゲームでも、日本にチャンスはあったが、危ない場面もあった。残念だったのは、宇佐美を使わなかったこと。本田とのコンビをぜひ見たかった。また、楽しみが増えましたが。

激闘

まさしく日韓戦でしたね。

意地のぶつかり合い、そしてお互いの勝ちたい氣持ちがみなぎったゲームでした。

ただ前田を外したのは采配ミスのよううにも感じます。
フランスワールドカップ予選の国立での韓国戦が思い出されます。


何はともあれ、結果オーライ。

サーアジアの頂点まであと一つ。

予感・・・・・。

ザック日本の2戦目の韓国戦。迫力がありましたね。闘う姿勢がありました。久しぶりに親善マッチでいいゲームでした。

ワールドカップで結果を残したメンバーなので、気持ち的にもプラス思考はありますが、相手ボールに渡った瞬間からのボールへの寄せがとにかく速い。そして、何よりも、かわす横パスよりも、縦への挑戦的なパスの回数が増えています。

何か予感のある采配です。南アフリカ大会前に、岡田さんとザックさんがチェンジしていてくれたら・・・・なんて思えてしまいます。

オシムの時と同じように、ザックさんには勝負師としての風貌を感じます。

どこかのチームにも見習ってほしいものですね。ハイ・・・・・・。

より以前の記事一覧