papagramI

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パパぐらんフォト

  • Dsc03191
    きままに撮影した写真です。
無料ブログはココログ

http://homepage3.nifty.com/okuyama-masapie/index.htm

フォト

最近のトラックバック

パパ

グランパスユース

アディショナルタイム

Dsc06922

Jユースカップ、予選グループの初戦、ガンバユース対グランパスU18のゲームを観戦に、スポーツセンター第二グランドへ行きました。

この大会は、Jリーグ加盟のユースチームが全チーム参加します。高校サッカーは、お正月の選手権。ユースチームは、Jユース。

一昨年、グランパスU18は、見事チャンピオンに輝いています。その経験を1年生で出場して、味わった選手もいます。

何としても、ホームで勝ち点3が欲しいゲームです。前半は、どちらも慎重な展開に終始します。ガンバのボール支配が優っていましたが、お互いになかなか決定機をつくれませんでした。グランパスU18も、怪我や代表で抜けている選手がいましたが、1年生と2年生ががんばっていました。特に、前線の森晃太選手が非常にアグレッシブに動き回るのが印象的でした。

後半になると、グランパスのリズムがよくなり、ついに森選手が先制点を上げます。こうなると、負けられないガンバは、縦パスを中心に攻め立てますが、ディフェンス陣の身体をはったふんばりで何とか切り抜けます。しかし、後半のアディショナルタイムに、失点して、結局はドローという結果でした。

まだまだ、これからです。一昨年の初戦も、横浜FCとドローでしたから・・・・・。

ただ、このゲームで、サッカー小僧の森勇人選手が、ピッチに戻ってきました。弟の晃太選手との兄弟そろい踏みです。やはり、兄弟独特の意思の疎通を感じました。

Dsc06925

Dsc06927





選手権モードに苦戦

プレミアリーグ、グランパスU18対富山第一高校のゲームを観戦しました。

グランパスは、このところ守備も安定していて、勝利しています。しかし、今日のゲームでは、相手に先手を取られ苦しい展開でした。この時期は、高校サッカーの県予選が始まるため、高校のチームは選手権モードになります。闘いにくい相手です。

今日も、ボールへの寄せやセカンドボールを支配していたのは、富山第一高校でした。グランパスは、攻撃に転じても、すぐにボールを失うことが多々ありました。
今日の敗戦は、正直痛いですね。サンフレとの勝ち点を考えると。

その後、セカンドと阪南大とのゲームを見ましたが、本当にこれでいいんでしょうかね、プロが…………と思うゲームでした。

見に行く気持ちがなくなります。


大学経由

明治大学の矢田旭選手のグランパス入りが、内定したニュースは本当に嬉しいですね。あのソフトなタッチのボールコントロールとパスセンスの良さは、ユース時代から素晴らしかったです。

関東大学リーグでも、早稲田と明治の対戦を見ましたが、やはりプロ向きのプレーを連発していました。
昨年の本多選手、今年の矢田選手、来年は?

守備力の整備

久しぶりにスポーツセンター第二グランドへ。
プレミアムリーグ、グランパスU18対サンフレユースのゲームを観戦。

サンフレさんには、過去の対戦でもなかなか勝つことができません。息子達の代でも、プレミアでは2戦とも敗退。最後のJユースの準決勝で、何とか勝利をおさめました。強みは、高校サッカーの様な根性があるメンタリティーと変則システムでしょうか。

ゲームが始まると、ほとんどサンフレさんが、ボールを支配します。グランパスは、カウンター攻撃しかできません。しかし、守備力の整備ができているのか、粘り強さが生まれていました。夏の練習の成果なのかもしれません。攻撃は、北川選手と青山選手の個人技が中心ですが、幾度とチャンスを演出していました。後半になると、サンフレさんが点を取りに、前かがみになってきますが、チャンスをものにしたのは、グランパスでした。

青山選手と北川選手が、値千金のゴールで見事勝利をものにしました。チームとしても、以前よりもまとまりが出てきているようです。3年生は、そろそろ進路も決まる時期です。ユース年代最後の闘いに集中して欲しいです。

Jユース優勝を経験した選手である北川選手、森選手が噛み合ってくれば、2回目の栄冠も夢ではありません。安定した守備力プラス攻撃力ですね。

豊田国際ユース

昨夜は、毎年、観戦している豊田国際ユースのU16日本代表対U16名古屋グランパス愛知県・豊田市選抜のゲームを、豊田市運動公園球技場に見に行きました。
この大会は、第1回大会から第9回大会までは会場の手伝いをしました。第10回大会に息子が選手として出てからは、観戦だけになってます。

ゲームは、ミニ国体で主力選手の欠けるグランパスが代表に押されていましたが、少ないチャンスを上手く生かして一時は、同点に。しかし、試合を決めたのは、代表の7番三好選手の豪快なシュートでした。
とにかく、重心が低く、バランス感覚が素晴らしい選手です。
その昔、当時17才だった中田英寿を運動公園で見た時とかぶります。ピンとした上半身でのドリブル、視野の広さ。期待できる選手ですね。

観戦レポは、http://koshachi.dreamlog.jp/
こちらをご覧ください。素晴らしいレポです。

明後日は、豊田スタジアムで2勝同士の代表とメキシコが対戦しますが、面白いゲームになりそうです。

私は、大阪の総理大臣杯の観戦に行きますが。

セカンド対ユース

トップチームのセカンドチームとユースのゲームを観戦しに第一グランドまで行きました。

トップチームは、昨日のジュビロ戦に出ていなてメンバー中心。ユースは、ほぼベストメンバーでした。

ユースは、残念ながらJユースは予選リーグ敗退のため、残る公式戦のプレミアリーグに向けての意味合いが強いようです。ただ、プロからするとやはり、気持ちが入らないようにも感じますが・・・・・・・。

ユースは、ジュニアユース時代に高円宮で日本一になった世代がこれから中心になります。過去のチームと比較しても、攻撃に関して、他のJユースチームにも引けを取らないと思います。

問題は、やはり守備力でしょうか。ニッキ選手の抜けたポジションをどうするのか。縦のライン(センターバック-ボランチ-トップ)を誰がつとめるのか。

今日の高田監督のメンバーチェンジから、来年を考えたチーム編成が、今から始まっているように思いました。

死のグループ

クラブユース アディダスカップの組み合わせは、グランパスユースはまさに死のグループです。

東京ヴェルディ・柏レイソル・セレッソ大阪・名古屋グランパス

どこも強豪です。ヴェルディとは、昨年、ジャパンユース決勝で敗戦しました。レイソルとは、一昨年、クラブユースの準決勝で延長で敗戦しました。そして、セレッソとは、昨年のJユースカップ決勝で、何とか競り勝ち優勝しました。

それにしても、この組み合わせは・・・・・・・。聞くところによると、それぞれの持ちポイントがあってそれを基にして、抽選しているようですが・・・・・。

とにかく、がんばってもらいたいですし、3年連続のニッパツ行きを目指してもらいたいです。

オリンピック代表も発表されました。ヴェルディの杉本選手は、すこしサプライズでした。その昔、豊田市運動公園で息子たちが対戦したのを覚えています。

プレミア か セカンド ?

グランパスユースのプレミアリーグかそれともトップチームのセカンドの練習ゲームか、迷ったあげく、近場のトップチームを選択。

雨の中でのゲームのためか、ほとんど観客はいない、閑散とした第一グランドでした。

トップチームには、メンバー不足のため、ユースのニッキ選手、北川選手と森選手もプレミアには行かず、第一にいました。

相手の関西学院大には、かつてユースで活躍していた小幡選手が先発。以前よりも筋力がつきがっしりしている印象でした。随所に、すばらしいパスを通していました。

ゲームは、正直どちらがプロ(?)というほどかなり厳しい内容でした。プロ選手からしてみれば、格下の大学生相手にやる気が出ないりもわかりますが・・・・・・。

後半の途中から入った森選手と北川選手が、一番気持ちのこもったプレーをして目立っていたのは・・・・・・・・。

ただ、ほぼ同時刻に行っていたユースが、愛媛FCさんに0対2で敗戦したのを聞くと、3人が第一にいたのは複雑ですね。

Dsc03756Dsc03759Dsc03761Dsc03763Dsc03768Dsc03765

















昨年より上

プレミアリーグの初戦、グランパスU18対東福岡高校のゲームを、港サッカー場まで観戦に行きました。

今年も、G2000はもちろん健在です。

Dsc03059 Dsc03066

新メンバーによるチームです。ただ、昨年もレギュラーとして出ていた選手は少ないため、公式戦での経験が少ないのが気がかりでした。案の定、前半の立ち上がりはリズムがつくれず苦労していました。ボールを奪っても、ビルドアップが上手くできず、ボールロストする場面が多かったです。

前線には、昨年のチームでもすばらしい活躍をした北川選手と森選手がいますが、ボールがなかなかもらえずに、孤立していることが多かったようです。東福岡は、長短のパスを織り交ぜて、組織的な攻撃をしていました。前半は、何度もピンチを迎えますが、1失点で終えます。高田監督のゲームプランでは、前半は0点に抑えるというねらいがあったのかもしれません。

後半に入っても、相手のペースで進みますが、劣勢をはねのけたのが岩田選手でした。右から北川選手がキープし、中央の森選手にパス、そして左から駆け上がってきた岩田選手がもちこんで、弾丸の左足シュートを決めます。昨年のJユースのヴィッセル戦の時の岩田選手の左足とかぶりました。

その後、すこしろリズムがよくなりますが、ペースはやはり東福岡でした。バーやポストにも助けられました。

Dsc03071 Dsc03072

昨年のプレミアの初戦も、アビスパさんに敗戦し、なかなか勝利を味わうことができませんでした。昨年のスタートよりも、勝ち点1を取れたのですから、これからよくなっていってくれることを期待したいです。

遠くの大学サッカーよりも近場のユースサッカー観戦は楽しいですね・・・・・・・・・。

失点

右から崩されて失点0ー1

より以前の記事一覧